公務員 仕事

公務員の警察官の割合は?

全国各地で僕たちの生活を守ってくれている警察。

公務員全体と比べてどのくらいの人数がいるのでしょうか?

公務員全体に対する警察官の割合を調べてみました。

警察は公務員のうちどのくいらいいるの?

警察は公務員のうちどのくいらいいるの?

都道府県警察の割合

警察(都道府県警察) 260,431人
地方公務員全体 2,383,778人
割合 10.9%
にゃも
にゃも
全国26万人もいるんだね~!

地方公務員全体に対して警察官の割合は、11%ほど。

数にして26万人もいます。

なので、近所でよく警察官を見かけることがあるんですね。

それだけ多くの人員がいて、全国的に配置されているわけです。

そうすることで、市民の安全を守ってくれているということですね。

警視庁の割合

警察(警視庁) 44,000人
地方公務員全体 2,383,778人
全公務員に占める割合 1.8%
警察官に占める割合
16.8%
にゃも
にゃも
東京だけで44,000人(16.8%)もいるなんて、さすがは日本の首都といったところ!

警察庁は東京都の組織です。

なので、ひとつの都で44,000人もの警察官を抱えていることになります。

オリンピックや大きなイベントではかなりの人が集まります。

そんなときに、混乱を防ぐための警備などをしてくれているのはニュースなどでも目にしますね。

僕たちの生活を日々守ってくれている警察官の方々には、感謝です!

おすすめ記事