ボーナス

警察官・消防士の夏のボーナスはいくら?

公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら

元公務員で県職員の給料担当だった、にゃもです!

なので、公務員のボーナスや年収のリアルな数字については人一倍詳しい自信があります。

そんな僕が、警察(警視庁、道府県警)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、平均支給額とともに年齢別でも試算してみました!

警察も公務員。身近な派出所から都道府県警の庁舎に勤める人まで、全国各地に警察はいますよね。落とし物や事故をしたり、いざというときに頼りになる存在です。

今回はこの警察に焦点をあててボーナスをみていきましょう。

>公務員の夏のボーナスまとめはこちらの記事へどうぞ

>公務員のボーナス支給日・支給月数についてはこちらの記事へどうぞ

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

警察官のボーナス平均支給額は?

警察官のボーナス平均支給額は?それでは早速ボーナスの試算結果をご紹介します!

道府県警察のボーナス平均支給額

80万円(平均年齢38.4歳)

警視庁のボーナス平均支給額

93万円(平均年齢38.8歳)

にゃも
にゃも
警視庁のほうがボーナスが多いのは、ボーナスの支給月数が多いことに加えて、地域手当が高いからだよ

地域手当を含めた詳しいボーナスの計算方法については公務員のボーナス計算は超簡単!元県庁の給料担当が試算方法教えますへどうぞ!

公務員試験の高額バイト
公務員のボーナス計算は超簡単!元県庁の給料担当がわかりやすく教えます!元公務員で県職員の給料担当だった、にゃもです! 僕は県庁時代に給料担当をしたことがあったので、職員のボーナスや年収のリアルな数字を...

道府県警察のボーナス年齢別支給額は?

次は、ボーナスの年齢別支給額です。

警察(道府県警)のボーナス年齢別支給額

年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳
43万円
20 ~ 23歳 50万円
24 ~ 27歳 55万円
28 ~ 31歳 60万円
32 ~ 35歳 67万円
36 ~ 39歳 74万円
40 ~ 43歳 82万円
44 ~ 47歳 86万円
48 ~ 51歳 90万円
52 ~ 55歳 92万円
56歳以上
95万円

算定方法は、(基本給+扶養手当+地域手当)×支給月数で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

警視庁のボーナス年齢別支給額は?

続いて警視庁のボーナスです。

警察(警視庁)のボーナス年齢別支給額

年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳
54万円
20 ~ 23歳 62万円
24 ~ 27歳 66万円
28 ~ 31歳 72万円
32 ~ 35歳 80万円
36 ~ 39歳 86万円
40 ~ 43歳 95万円
44 ~ 47歳 99万円
48 ~ 51歳 103万円
52 ~ 55歳 106万円
56歳以上 108万円

算定方法は、(基本給+扶養手当+地域手当)×支給月数で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

→ 警察官と他の公務員の違いについて知りたい方はこちらの記事へどうぞ

消防士の夏のボーナスはいくら?

消防士(消防庁、全国の自治体)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、平均支給額とともに年齢別で試算してみました!

消防士も公務員。火事のときにはすぐに駆けつけてくれる頼りがいのある存在ですよね。命がけで人命を救ってくれるのです。それに見合ったボーナスが出ているのか気になりますね。

>公務員のボーナス支給日・支給月数についてはこちらの記事へどうぞ

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

消防士(全自治体・消防庁)の夏のボーナス平均支給額は?

消防士(全自治体・消防庁)の夏のボーナス平均支給額は?それではさっそくボーナスの試算結果をご紹介します。

全自治体の消防士のボーナス平均支給額

67万円(平均年齢38.2歳)

消防庁のボーナス平均支給額

81万円(平均年齢37.8歳)

金額は見やすいように千円以下を四捨五入しています。

にゃも
にゃも
消防庁のほうがボーナスが多いのは、ボーナスの支給月数が多いことに加えて、地域手当が高いからだよ

→ 地域手当を含めた詳しいボーナスの計算方法についてはコチラの記事へどうぞ。

全自治体の消防士の年齢別支給額は?

工事それでは早速冬のボーナスの試算結果をご紹介します。

なお、試算にあたっては、総務省の地方公務員給与実態調査結果を活用しています。

消防士(全自治体)のボーナス年齢別支給額

年齢 ボーナス額
18 ~ 19歳
40万円
20 ~ 23歳 46万円
24 ~ 27歳 51万円
28 ~ 31歳 56万円
32 ~ 35歳 63万円
36 ~ 39歳 70万円
40 ~ 43歳 78万円
44 ~ 47歳 82万円
48 ~ 51歳 85万円
52 ~ 55歳 88万円
56歳以上
91万円

算定方法は、(基本給+扶養手当+地域手当)×支給月数で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

消防庁の年齢別支給額は?

続いて消防庁のボーナスです。

消防士(消防庁)のボーナス年齢別支給額

年齢 ボーナス額
18 ~ 19歳
50万円
20 ~ 23歳 57万円
24 ~ 27歳 62万円
28 ~ 31歳 68万円
32 ~ 35歳 75万円
36 ~ 39歳 83万円
40 ~ 43歳 92万円
44 ~ 47歳 96万円
48 ~ 51歳 100万円
52 ~ 55歳 103万円
56歳以上
106万円

算定方法は、(基本給+扶養手当+地域手当)×支給月数で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

まとめ

以上が消防士の2019年冬のボーナスでした。

2018年は民間の景気も少しずつ上向いてきていることを受けて、増額改定が行われましたが、2019年は厳しくなることが予想されます。

となると、これまで増額続きだった公務員のボーナスや給料もいったん頭打ちになるかもしれませんね。

公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら