公務員試験

公務員試験 社会人

社会人の方で、「公務員になりたい!」と思っている人もいると思います。

でも、どのようにして公務員になったらいいのか分からなかったりするのではないでしょうか。

ここでは、社会人の人が公務員試験を受けて公務員になる方法や、勉強するとき役に立つ参考書について紹介したいと思います。

そして社会人の人に最も向いている予備校についても、元県職員だった僕が紹介します。

公務員試験 社会人

社会人の公務員試験とは、社会人経験を数年間積んだ後に公務員になるための試験のことをいいます。

通常、公務員試験は一般枠の大卒程度というものが存在します。

この場合、大学卒業程度の学力を持っている新卒から、大体30歳くらいまでの人を対象として試験が開催されます。

これとは別に公務員試験の社会人経験者枠というものがあります。

こちらは、社会人経験を5年以上積んだ場合に受験資格が得られることが多いですね。

既に社会人として何年も働いているという人であれば、社会人経験枠で受験することが多くなるでしょう。

ちなみに大卒枠と社会人経験者枠とで違うのは受験資格です。

一般の大卒程度の枠の場合、30歳までという年齢制限が課されていたりします。

その他の制限は特にありません。

もちろん薬剤師など専門的な職種で資格が必要だという場合には、その資格を持っている必要はありますが。

一方社会人経験者枠の公務員試験については、社会人としての勤務経験の年数が条件になっていることがほとんど。

一般的には5年以上働いていることが条件だったりしますが、中には8年だったり10年以上働いていなければ受験することができないという縛りがある自治体もあります。

これは自治体によって独自の上限を定めていることがありますので、あなたが受けたいと思っている自治体をチェックすることが必要になります。

そして社会人経験者枠の公務員試験は、一般の公務員試験に比べて受験科目が少ないというメリットがあったりもします。

社会人経験を積んだというところに焦点を当てますので、一般枠にある専門科目は免除されるといった具合ですね。

一般枠の公務員試験の場合、行政法や行政手続法民法などの勉強科目がありますが、社会人経験者枠にはこれがありません。

その代わり、面接の比重が高くなっていることが多く、より人物性やどういった社会人経験を積んできたのかということに焦点を当てて試験が行われます。

そして学力試験としては、1次試験に一般教養試験が行われます。

これは一般枠の公務員試験と同様の試験です。

難易度としては、高校で学習した程度の問題が出ることが多く、難易度が高すぎるということはありません。

ただ、自己流だと学習効率も悪く点数を取ることができないですし、時間が少ない社会人は通信講座がある予備校を活用して学習をすることをおすすめします。

数ある予備校の中でも社会人採用試験で実績があるのはクレアールです。

社会人のフォローやサポートが手厚く、無料の資料請求で「転職するためのガイドブック」を配布しています。

社会人経験者の方はぜひ見てみてください。

社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!

公務員試験 社会人 勉強方法

次に社会人が公務員試験を受ける時の勉強方法について解説します。

公務員試験社会人枠の勉強をする時には、いくつか難しいことがあります。

それは勉強する時間が取れないことや、仕事によって自由時間が左右されるということで学習スケジュールを組みにくいということが挙げられるでしょう。

おすすめの方法としては、通学タイプの公務員試験の予備校に通うのではなく、通信講座でのタイプの予備校を選ぶことです。

通信講座であれば時間の自由が利きますし、隙間時間を見つけてうまく学習をすることが可能です。

ちなみに独学はおすすめしません。

僕は独学で合格しましたが、自由に使える時間がたくさんある大学生だったからです。

社会人の僕がもう一度公務員試験を受けようとするなら、通信講座を活用して最短での合格を目指します。

公務員試験 社会人 参考書

社会人経験者枠で勉強する時のおすすめの参考書について解説します。

公務員試験の社会人経験者枠で課される試験には、1次試験として一般教養試験が存在します。

そして2次試験として、小論文や個人面接、集団面接、集団討論などが課されることもあります。

そして主に参考書が必要になってくるのは、一次試験の一般教養試験という部分です。

一般教養は先ほども簡単に紹介しましたが、大学のセンター試験に出されるような数学や英語、生物といった問題だったり、知能試験に出てくるような数的推理といったような問題が出てきたりします。

言葉だけ聞いてもあまりイメージがわかないと思うので、リンク先にあるAmazonの中身検索や立ち読み機能を使ってどんな問題が出るのかざっくり見てみるといいでしょう。

そうするとイメージが湧くと思います。

リンク先を見てもらったらイメージできたかと思いますが、パッと見ただけではどのように問題を解いていけばいいのか分からなかったりすると思います。

これを見ただけで、「こんな簡単な問題なんだ」と思った人は特に予備校に通う必要はありません。

なぜなら、もうすでにあなたは公務員試験に合格するのに十分な学力を持っているということになるからです。

しかしほとんどの人が、パッと問題を見ただけで解けるようにはなっていません。

僕も公務員試験に合格して県庁の職員として採用されましたが、かなりの時間対策をしないと一般教養科目の問題を解くことができるようにはなりませんでした。

社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!

公務員試験 社会人 予備校

そして社会人の方ならなおさら勉強時間を取るのが難しいと思います。

そのため、より効率的に最短で公務員試験の対策を終える必要があるというわけです。

時間は金なりという言葉がありますが、独学で進んでいって後からやっぱりやり方が間違っていたとか、時間配分を間違えていたということで試験対策が間に合わないなんていうことがあってはいけません。

あなたの目標とするのはお金をケチることではなく、公務員になって余裕のある生活を送ることだと思います。

そのためには最低限の予備校に通うなどの先行投資は必要になると僕は感じています。

とはいえ、あまりに高すぎる予備校代を払うのも難しいという人もいると思います。

そこでコスパに優れた費用対効果の高いおすすめの予備校を紹介します。

それが先ほどもちょっと触れましたが、クレアールという予備校です。

こちらは通信講座をメインにしている予備校で、公務員試験の社会人経験者枠用のコースがある予備校として有名です。

他の予備校だと、大学卒業者向けの試験内容を焼き直ししたような内容になっているというような口コミがあったりしますが、このクレアールは社会人向けに特化したコースを用意されており、社会人の方におすすめできる内容の予備校です。

具体的におすすめできる内容は、まずはリーズナブルな受講料だということです。

大手予備校では30万円とか40万円の受講費用がかかってしまうということがありますが、クレアールでは10万円台から受講することが可能です。

そして内容も充実していて、何度も面接練習を受けることができたり、小論文の対策を何度でも添削してもらったりすることができます。

そして社会人の方にありがたいのが、Web講座が充実していることです。

ストリーミング配信の講義を何度でも繰り返し自分の好きな時間に聞くことができるので、学習効率は格段にアップします。

スマホでもパソコンでもタブレットでも視聴可能です。

電車での通勤中やちょっとした隙間時間などにも勉強を進めることができるので、生講義だけしかないようなタイプの予備校に比べて圧倒的に学習効率がアップしますね。

そして魅力的なのが安心保証プランです。

これはどういうことかというと、もし目標としている年度の合格ができなかったとしても、3万円の保険をかけておくだけで翌年の受講料を無料にしてくれるというサービスです。

社会人経験者の人だと、「本当にこの歳に直近の公務員試験で合格できるのだろうか」と不安に思うことがあると思います。

しかしクレアールはちゃんとそういった不安を汲み取ってくれていて、受講料を3万円払うだけで翌年の分を保証してくれるというプランがあるというわけですね。

しかもありがたいことに、もし1年目に合格できればかけていた保険の3万円は免除され返金してくれるというありがたいサービス付き。

こうした理由から、社会人経験者の方はクレアールがおすすめだというわけです。

もちろん他の予備校も社会人経験者用のコースを用意していたりしますが、トータルで判断してクレアールの社会人経験者枠コースがおすすめですね。

僕はもともと公務員として働いていましたし、このようにしてブログを書いているので、公務員試験の予備校についてはかなりの調査をしています。

色々と比較して結論を出したのがこれです。社会人経験者枠の公務員試験であれば、クレアールが最も適切なのではないかと思っています。

もちろんあなたが自分で納得して、どの公務員予備校を選ぶのかというのは自由ですので、納得のいくまで調べて欲しいとは思います。

しかし時間がないとか忙しいというのが社会人の方の悩みだと思うので、このように参考になればと思い記事にさせてもらいました。

そして社会人経験者枠用のクレアールは、実はいきなり入学するというよりも、その前段階に資料請求をすることでお得なものがもらえます。

それは社会人のための公務員転職ハンドブックというものです。

こちらは社会人が総務に転職するために必要な転職ルートだったり、年齢制限や条件だったり、気になるQ&Aや合格体験記などの全ての気になる情報を一冊の冊子にまとめてくれるハンドブックです。

公式サイトから資料請求をすることでこのハンドブックをもらうことができるので、もらっておくといいでしょう。

→ハンドブックのもらい方はこちら

そしてきっとそれを手に取ったら、クレアールの社会人経験者枠対応がいかに充実しているのかという安心感と納得感を手に入れることもできるはずです。

クレアールにサポートをしてもらって、公務員への転職を成功させてくれることを祈っています。

社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!

目的別リンク集