公務員試験

公務員試験 憲法

公務員試験の憲法について解説します。

憲法の科目の難易度なのですが、あまり難しい方ではありません。

なのであなたが受けたい公務員試験の職種に憲法が含まれているのであれば、必ずとった方が良いと思います。

僕は実際に国家公務員一般職と地方上級と市役所を受けて全て合格していますが、憲法はちゃんと勉強をして得点できるようにしておきました。

少なくとも僕のようなタイプの受験生は他にも多数いるはずなので、憲法で落とすのはもったいないといいます。

それに対策もそこまで難しくないのでちゃんと勉強していくといいですよ。

公務員試験の憲法の特徴

公務員試験の憲法の特徴は、暗記がメインになるということです。

憲法の科目は名前のとおり、日本の憲法について勉強するものです。

憲法で勉強する大きな枠組みとしては、精神的な自由に関することや、基本的な人権について勉強するものが一つ。

そしてもう一つが国会や内閣といった国を治めるにあたって必要となってくる憲法の知識です。

日本国憲法を全部丸暗記するというわけではなく、その憲法をどのように運用しているのかというところを勉強する科目だと覚えておきましょう。

なので、この中でもたびたび争点になる憲法の条文や箇所というのはわりと決まっています。

そして公務員試験で出題される憲法の問題も、大体パターン化されているものが多いです。

つまり、いつも問題になるところは似たようなものだということですね。

憲法の科目として出題される問題数は職種によって異なっています。

しかし、国家公務員一般職、地方上級、特別区、市役所といった地方自治体の専門科目がある職種については、ほぼすべて憲法の科目必須だったり、選択式になっていたりします。

そのため、この憲法の問題を落とさないように、参考書などでしっかり対策しておく必要があるといえます。

公務員試験 憲法 参考書

次に、公務員試験の憲法の参考書について紹介します。

まずは僕が実際に使った憲法の参考書はこちらです。

そして、参考書で勉強して概要を掴んだら過去問を解きます。

公務員試験の憲法は比較的難易度は低めだと僕は感じています。

なぜなら、単純に暗記をして繰り返し勉強していれば、自然と一瞬で答えが出るようになってくるからです。

ある程度問題を繰り返し憲法の問題を解いていると、

なんだかこの前に見たことあるな

というパターン化された問題に見えてきます。

実際その通りで、ある程度の憲法の問題はこれまで実際に議論されてきたものばかりです。

なのである程度パターンをを覚えてしまえば、全く新しい問題は出ようがないというわけです。

実際すべての判例を頭に入れようと思うと覚えきれる量ではありませんが、公務員試験として出題される憲法のはポイントとなるものはさほど多くはありません。

なので、スー過去や過去問500といったような過去問をちゃんと解くことで公務員試験に合格できる可能性はぐっとアップします。

公務員試験 憲法 問題

そして公務員試験の憲法の問題がどのようなものがあるのか知りたい人も多いと思います。

それでは具体的にどのような問題が出題されたのか過去問・問題を見てみましょう、

そのためには、Amazonで検索してみて、出てくる過去問集がおすすめです。

なぜならアマゾンには中身検索といって、本の中身を立ち読みできるシステムが備わっているからです。

中身検索がなくても、たいていは立ち読み的に数ページ読めるようになっています。

なのであなたが気になる参考書をクリックしてみて、そこで過去問を開いてみましょう。

そうするとどんな問題が出題されたのかが分かりますよ。

僕の憲法のおすすめ過去問はこちら↓

 

そしてその他にも公務員試験の憲法の過去問を確認する方法はあります。

それはインターネット上で「公務員試験 憲法 過去問」などと検索してみることです。が、これはあまりおすすめしません。

ネット上では、「公務員試験にチャレンジしてみよう」なんていう名目で過去問が実際に掲載されていて、それに対する回答がちゃんと書いてあったりします。

しかしここに落とし穴があります。

それはちゃんとした解説がついていないことです。

公務員試験に合格するためには問題の答えが何番であるかを理解するのではなく、ちゃんと理屈で理解して、これが正しいという結論を導く力が付いてなければいけません。

そのために結局何をしなければいけないのかというと、予備校などに通ってテキストを準備してもらい、しっかりと勉強するか、自分で過去問憲法の過去問を購入して解説付きのものをちゃんと読み込むということです。

公務員試験 憲法 勉強法

あとこれは少しおせっかいかもしれませんが、使わないほうがいい勉強法があります。

それは、ネット上で公務員試験の憲法のまとめサイトやポイントなどをまとめたサイトを使うこと。これはおすすめしません。

実際見てみましたが、あまり分かりやすいとは言えませんでした。

なぜなら、そういったサイトは人の手で一から作るもので、自分の手でカタカタとキーボードを打ち込んでいかなければ作れないものだからです。

つまり個人が作っているサイトということで、抜けや漏れもありますし、打ち間違いや記述の間違いもあったりします。

そして何より体系的に整理されているものが少なく、整理されていたとしてもあまりわかりやすい作りになっていなかったりと、いろいろ問題があるわけです。

それではどうすればいいのかというと、やはりおすすめは書籍を買うことです。

憲法の問題がしっかり整備されていて体系的に整えられているので読みやすいですし、理解もしやすいです。

この過去問を解くだけではなく、ちゃんとした理解をするためには、予備校の講師の講義を受けるのがいいですよ。

耳と目の両方で憲法のことを理解できるようになるので、より学習スピードが早くなっておすすめです。

公務員試験の対策をしっかりできるおすすめの予備校はこちらの記事でまとめています。

公務員試験のおすすめ予備校 と、悩んでいる方も多いと思います。 公務員になるためには、公務員採用試験を合格しなくてはいけません。 そのた...

目的別リンク集