公務員 ボーナス

医者・薬剤師・看護師(公務員)冬のボーナスはいくら?元公務員が徹底解説!

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで販売しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』

元公務員で県職員の給料担当だった、にゃもです!

なので、公務員のボーナスや年収のリアルな数字については人一倍詳しい自信があります。

そんな僕が、公務員医師、薬剤師、看護師(地方公務員、国家公務員)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、平均支給額とともに年齢別で試算してみました!

にゃも
にゃも
公務員の医者ってピンとこないかもしれないね。でも◯◯市立病院とか◯◯県立病院と言った名前に聞き覚えはない?
にゃもやなぎ徹子
にゃもやなぎ徹子
それなら僕もかかったことがあるわ!すごく大きな病院が多くて、立派なイメージよね!
にゃも
にゃも
それらは公立病院といって、市や県などの自治体が運営する病院なんだ。ということは、ここで働いている医者や看護師、薬剤師といった人たちは公務員なんだよ!

それでは早速、公務員医師のボーナスについて見ていきましょう!

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

↓医師の方で転職したい方はこちらへどうぞ↓

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

目次(もくじ)

公務員医師の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員医師の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員は年2回ボーナスが支給されます。冬のボーナス支給日については、以下のとおりです。

冬のボーナスの支給日

12月10日

(参考)夏のボーナスの支給日

6月30日

国家公務員も地方公務員も、この日付に支給されると考えてOKです。地方公務員は、給料日なども自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならっているからです。

→ 実は、公務員のボーナスが3回もらえた時代もありました。

ボーナス日が休みの日なら前日か前々日に支給されます。

たとえば・・・

12月10日が土曜 ⇨ 12月9日(金)に支給

12月10日が日曜 ⇨ 12月8日(金)に支給

2019年は12月10日が火曜日なので、通常どおり冬のボーナスは支給されるということです。

2019年のボーナス支給月数を予想してみた

2019年のボーナス支給月数を予想してみた2018年8月の人事院勧告では、国家公務員のボーナスは前年度よりも0.05ヶ月分増額となる改定が行われました。

そこで、2019年の人事院勧告ではどのような勧告がされるか予想してみました。

僕の予想では、据え置きです。

ここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていました。その背景には、アベノミクスによる企業の業績が好調だったことが挙げられます。

しかしここ最近、企業の業績の伸びが鈍化してきています。決算発表を見ても下方修正している企業が目立つようになってきました。

さらに、日経平均株価も25,000円のカベを超えることができず、下落トレンドに入っているようにも見受けられます。(2019年1月19日現在)

そして米中の貿易戦争の不透明感は2018年から引き続き続いたまま。こうした情勢を受け、日本国内企業の業績が好調なままでいることは難しいのではと考えました。

2018年のボーナスは年間で4.45ヶ月分支給されましたので、2019年もこの4.45ヶ月分が支給されると予想します。

公務員医師の2019年冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

公務員医師の2019年冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

2018年8月の人事院勧告では増額改定が行われた結果、年間で4.45ヶ月分支給されることになりました。

そして、2018年度と据え置きという予想からすると、地方公務員の冬のボーナスの支給月数は2.355ヶ月分です。

公務員医師の2019年冬のボーナス平均支給額は?

公務員医師の2019年冬のボーナス平均支給額は?それでは冬のボーナスの試算結果をご紹介します。医師のボーナス平均支給額はこちらです。

医師(地方公務員)のボーナス平均支給額

1,262,578円(平均年齢45.2歳)

医師(国家公務員)のボーナス平均支給額

1,229,091円(平均年齢51.3歳)

なお試算にあたっては、総務省の平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/teiin-kyuuyo02.html)、人事院の平成29年国家公務員給与等実態調査の結果を活用しています。

にゃも
にゃも
さすがドクター!地方公務員、国家公務員ともに100万円を超えたね!

公務員医師(地方公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額は?

次は、冬のボーナスの年齢別支給額です。

公務員医師(地方公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額

年齢 冬のボーナス額
26 ~ 27歳 797,702円
28 ~ 31歳 964,442円
32 ~ 35歳 1,069,706円
36 ~ 39歳 1,190,881円
40 ~ 43歳 1,315,604円
44 ~ 47歳 1,358,691円
48 ~ 51歳 1,445,118円
52 ~ 55歳 1,491,369円
56歳以上
1,531,078円

算定方法は、(基本給+扶養手当(12,512円)+地域手当(60,144円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

公務員医師(国家公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額は?

続いて国家公務員医師のボーナスです。

公務員医師(国家公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額

年齢 冬のボーナス額
26 ~ 27歳 885,541円
28 ~ 31歳 952,726円
32 ~ 35歳 1,031,876円
36 ~ 39歳 1,124,257円
40 ~ 43歳 1,230,603円
44 ~ 47歳 1,340,063円
48 ~ 51歳 1,419,455円
52 ~ 55歳 1,453,727円
56歳以上 1,494,318円

算定方法は、(基本給+扶養手当(12,078円)+地域手当(89,231円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

公務員医師ってどのくらいいるの?

公務員医師ってどのくらいいるの?ところで、30代で100万円を超えるボーナスをもらう公務員医師。

公務員全体と比べてどのくらいの人数がいるのでしょうか?そこで公務員全体に対する割合を調べてみました。

地方公務員の医者の割合

公務員医師(地方公務員) 10,603人
地方公務員全体 2,383,778人
割合 0.44%

国家公務員の医者の割合

公務員医師(国家公務員) 540人
公務員全体 253,034人
割合 0.21%
にゃも
にゃも
公務員でお医者さんの割合はかなり少ないことが分かるね。

公立病院の独立行政法人化について

公立病院の独立行政法人化について国家公務員医師が極端に少ないことにお気づきでしょうか?これは、国立病院が独立行政法人化されたことによります。

国立病院は、2004年に独立行政法人化されました。その後しばらくは身分は国家公務員でしたが、2015年から公務員の身分はなくなったので、現在国家公務員としての医師は少なくなっています。

具体的には、国立ハンセン病療養所だったり、刑務所などの医師が国家公務員としての身分をもつ医師となります。

また、同じく地方の公立病院においても独立行政法人化が進められました。その結果、医師は全体1%以下という少ない割合になっています。

そして近年、公立病院では医師の確保が難しく、人数を充分に揃えることができないことが問題となっています。

地域医療の確保のため重要な役割を果たす公立病院においては、中小規模の病院を中心に医療需要を踏まえてもなお医師不足の地域がある等の厳しい環境が続いており、持続可能な経営を確保しきれていないところも数多く見られる。

総務省「地域医療の確保と公立病院改革の推進に関する調査研究会報告書」から抜粋http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000176.html

こうした背景を考えると、地域医療の充実のためにも待遇を改善するなどして医師を集める仕組みを作らないと、充分な医療を受けることができない地域が増えていくかもしれませんね。

薬剤師の冬のボーナスはいくら?

公務員薬剤師(地方公務員)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、平均支給額とともに年齢別で試算してみました!

にゃも
にゃも
公務員にも薬剤師がいるって知ってた?食いっぱぐれのない公務員+国家資格を持った薬剤師・・・どんなボーナスになるんだろう?
にゃもやなぎ徹子
にゃもやなぎ徹子
すっごく気になるわ!薬剤師なんだからたくさんボーナスもらってそうね!

たくさん稼いでそうな薬剤師・・・そんな職種の人との結婚を考えた場合、民間よりも公務員薬剤師がおすすめです。

→ 薬剤師と結婚したいなら民間ではなく公務員がオススメ!その理由とは。

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

公務員薬剤師の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員薬剤師の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員は年2回ボーナスが支給されます。冬のボーナス支給日については、以下のとおりです。

冬のボーナスの支給日

12月10日

(参考)夏のボーナスの支給日

6月30日

国家公務員も地方公務員も、この日付に支給されると考えてOKです。地方公務員は、給料日なども自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならっているからです。

→ 実は、公務員のボーナスが3回もらえた時代もありました。

ボーナス日が休日なら前日か前々日に支給される

たとえば・・・

12月10日が土曜 ⇨ 12月9日(金)に支給

12月10日が日曜 ⇨ 12月8日(金)に支給

2019年は12月10日が火曜日なので、通常どおり冬のボーナスは支給されるということです。

2019年のボーナス支給月数を予想してみた

2019年のボーナス支給月数を予想してみた2018年8月の人事院勧告では、国家公務員のボーナスは前年度よりも0.05ヶ月分増額となる改定が行われました。

そこで、2019年の人事院勧告ではどのような勧告がされるか予想してみました。

僕の予想では、据え置きです。

ここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていました。その背景には、アベノミクスによる企業の業績が好調だったことが挙げられます。

しかしここ最近、企業の業績の伸びが鈍化してきています。決算発表を見ても下方修正している企業が目立つようになってきました。

さらに、日経平均株価も25,000円のカベを超えることができず、下落トレンドに入っているようにも見受けられます。(2019年1月19日現在)

そして米中の貿易戦争の不透明感は2018年から引き続き続いたまま。こうした情勢を受け、日本国内企業の業績が好調なままでいることは難しいのではと考えました。

2018年のボーナスは年間で4.45ヶ月分支給されましたので、2019年もこの4.45ヶ月分が支給されると予想します。

公務員薬剤師の2019年冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

2018年8月の人事院勧告では増額改定が行われた結果、年間で4.45ヶ月分支給されることになりました。

そして、2018年度と据え置きという予想からすると、地方公務員の冬のボーナスの支給月数は2.355ヶ月分です。

公務員薬剤師の2019年冬のボーナス平均支給額は?

公務員薬剤師の2019年冬のボーナス平均支給額は?それでは冬のボーナス支給額をご紹介します。公務員薬剤師のボーナスの平均支給額はこちらです。

薬剤師のボーナス平均支給額

735,966円(平均年齢40.9歳)

なお試算にあたっては、平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果を活用しています。http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/teiin-kyuuyo02.html

公務員薬剤師(地方公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額は?

公務員薬剤師の2019年冬のボーナス年齢別支給額

年齢 冬のボーナス額
24 ~ 27歳 540,915円
28 ~ 31歳 621,599円
32 ~ 35歳 672,535円
36 ~ 39歳 731,170円
40 ~ 43歳 778,245円
44 ~ 47歳 827,277円
48 ~ 51歳 854,193円
52 ~ 55歳 876,573円
56 ~ 59歳 895,788円

算定方法は、(基本給+扶養手当(6,013円)+地域手当(16,757円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

公務員薬剤師が占める割合は?

薬ところで、平均年齢40.9歳で約78万円のボーナスをもらう公務員薬剤師。

行政と比べて何パーセントほどの人数がいるのでしょうか?そこで一般行政職に対する割合を調べてみました。

公務員薬剤師 37,172人
一般行政職 845,532人
割合 4.4%
にゃも
にゃも
一般行政職ってこんなに多いんだ!公務員で薬剤師って人の割合はかなり少ないことが分かるね。

公務員薬剤師のボーナスは民間薬剤師と比べて多い?少ない?

公務員薬剤師の平均ボーナス 約78万円
民間薬剤師の平均ボーナス 約41万円

民間薬剤師については、厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査から算出

民間の薬剤師のほうが、冬のボーナスはほぼ半分という結果になりました。

「民間の薬剤師ってこんなに少ないの?」と思ったかもしれませんが、ここには調剤薬局やドラッグストアから大手製薬会社までの民間薬剤師が含まれています。

もちろん大手であれば公務員よりも多いボーナスをもらっているでしょうが、全体で見てみるとこれだけ大きな差がついてしまいます。

看護師(公務員)冬のボーナスはいくら?

看護師(国家公務員、地方公務員)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、平均支給額とともに年齢別で試算してみました!

にゃも
にゃも
公務員の看護師もいるんだよ!勤務する場所は、国家公務員だと国立ハンセン病療養所や厚生労働省、地方公務員だと公立病院や保健所だね!
にゃもやなぎ徹子
にゃもやなぎ徹子
看護師さんって、病院にしかいないイメージがあったわ!

今回は、僕たちの身近な存在である看護師の冬のボーナスについて見ていきましょう!

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

看護師(国家・地方公務員)の2019年冬のボーナス支給日は?

看護師(国家・地方公務員)の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員は年2回ボーナスが支給されます。冬のボーナス支給日については、以下のとおりです。

冬のボーナスの支給日

12月10日

(参考)夏のボーナスの支給日

6月30日

国家公務員も地方公務員も、この日付に支給されると考えてOKです。地方公務員は、給料日なども自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならっているからです。

→ 実は、公務員のボーナスが3回もらえた時代もありました。

ボーナス日が休日なら前日か前々日に支給される

たとえば・・・

12月10日が土曜 ⇨ 12月9日(金)に支給

12月10日が日曜 ⇨ 12月8日(金)に支給

2019年は12月10日が火曜日なので、通常どおり冬のボーナスは支給されるということです。

2019年のボーナス支給月数を予想してみた

2019年のボーナス支給月数を予想してみた2018年8月の人事院勧告では、国家公務員のボーナスは前年度よりも0.05ヶ月分増額となる改定が行われました。

そこで、2019年の人事院勧告ではどのような勧告がされるか予想してみました。

僕の予想では、据え置きです。

ここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていました。その背景には、アベノミクスによる企業の業績が好調だったことが挙げられます。

しかしここ最近、企業の業績の伸びが鈍化してきています。決算発表を見ても下方修正している企業が目立つようになってきました。

さらに、日経平均株価も25,000円のカベを超えることができず、下落トレンドに入っているようにも見受けられます。(2019年1月19日現在)

そして米中の貿易戦争の不透明感は2018年から引き続き続いたまま。こうした情勢を受け、日本国内企業の業績が好調なままでいることは難しいのではと考えました。

2018年のボーナスは年間で4.45ヶ月分支給されましたので、2019年もこの4.45ヶ月分が支給されると予想します。

看護師(国家・地方公務員)の2019年冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

看護師(国家・地方公務員)の2019年冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

2018年8月の人事院勧告では増額改定が行われた結果、年間で4.45ヶ月分支給されることになりました。

そして、2018年度と据え置きという予想からすると、地方公務員の冬のボーナスの支給月数は2.355ヶ月分です。

看護師(国家・地方公務員)のボーナス平均支給額は?

看護師(国家・地方公務員)のボーナス平均支給額は?

それでは冬のボーナスの試算結果をご紹介します。看護師(国家・地方公務員)のボーナス平均支給額はこちらです。

看護師(国家公務員)のボーナス平均支給額

728,070円(平均年齢46.9歳)

看護師(地方公務員)のボーナス平均支給額

721,323円(平均年齢40.7歳)

にゃもやなぎ徹子
にゃもやなぎ徹子
ずいぶん年齢差があるわね。そのわりにボーナスの額はあまり変わらないのね・・・

看護師(国家公務員)のボーナス年齢別支給額は?

看護師(国家公務員)のボーナス年齢別支給額は?

続いて、看護師(国家公務員)の年齢別支給額です。

看護師(国家公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額

 年齢 冬のボーナス額
20 ~ 23歳 555,572円
24 ~ 27歳 587,027円
28 ~ 31歳 624,083円
32 ~ 35歳 667,334円
36 ~ 39歳 717,123円
40 ~ 43歳 768,370円
44 ~ 47歳 801,449円
48 ~ 51歳 821,585円
52 ~ 55歳 840,589円
56歳以上 856,905円

算定方法は、(基本給+扶養手当(7,729円)+地域手当(17,719円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

なお試算にあたっては、人事院「平成29年国家公務員給与等実態調査の結果」を活用しています。

看護師(地方公務員)の2019年冬のボーナス年齢別支給額は?

看護師続いて地方公務員の看護師のボーナスです。

看護師(地方公務員の2019年冬のボーナス年齢別支給額

 年齢 冬のボーナス額
20 ~ 23歳 538,861
24 ~ 27歳 572,503
28 ~ 31歳 612,135
32 ~ 35歳 658,393
36 ~ 39歳 711,643
40 ~ 43歳 753,127
44 ~ 47歳 798,923
48 ~ 51歳 823,367
52 ~ 55歳 843,692
56歳以上 861,142

算定方法は、(基本給+扶養手当(3,583円)+地域手当(14,769円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

試算にあたっては、総務省の平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/teiin-kyuuyo02.html)を活用しています。

看護師は公務員全体のうちどのくらいいるの?

看護師は公務員全体のうちどのくらいいるの?ところで、いざというときにはお世話になる看護師さんですが、公務員全体と比べて何パーセントほどの人数がいるのでしょうか?その割合を調べてみました。

看護師(国家公務員)の割合

看護師(国家公務員) 1,806人
地方公務員全体 2,383,778人
全公務員に占める割合 0.075%
看護師全体に占める割合
2%

看護師(地方公務員)の割合

看護師(地方公務員) 87,258人
地方公務員全体 2,383,778人
割合 3.5%
にゃも
にゃも
公務員全体に比べると、看護師の人数は少ないんだね。

公立病院の独立行政法人化について

公立病院の独立行政法人化について国家公務員の看護師が極端に少ないことにお気づきでしょうか?これは、過去に国立病院が独立行政法人化されたことによります。

国立病院は、2004年に独立行政法人化されました。その後しばらくは身分は国家公務員でしたが、2015年から公務員の身分はなくなったので、現在国家公務員としての看護師は少なくなっています。

また、同じく地方の公立病院においても独立行政法人化が進められましたが、公立病院は今でも残っているので、そこで勤務する看護師は公務員としての身分を持っていることになります。

まとめ

以上が看護師の冬のボーナスでした。

2018年は民間の景気も少しずつ上向いてきていることを受けて、増額改定が行われましたが、2019年は厳しくなることが予想されます。

となると、これまで増額続きだった公務員のボーナスや給料もいったん頭打ちになるかもしれませんね。

公務員の過去10年分の推移は以下のページでまとめましたので、知りたい方はこちらのリンクからどうぞ。

>国家公務員・地方公務員のボーナスの比較と推移をまとめた記事はコチラ

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで販売しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』
完全放置で安定収入を得られる投資方法を紹介!
完全放置でOKで、毎日利益が入ってきます。 管理人のにゃもも実践していて、実績も公開中!

⇒ 完全放置で年利100%の投資方法はこちら