公務員試験

息子・娘が就職しない・決まらないなら公務員を目指すべき理由

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで販売しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』

息子さんが就職しないことで悩んでいる親御さんは多くいらっしゃることではないでしょうか。

「やりたい事が見つかっていない」とか、なんだかんだと言い訳をして就職したがらないことは多くあると思います。

しかしそれは、就職することに希望を見出せないからかもしれません。

もし就職した後に素晴らしい未来が待っているということが分かれば、就職に対する意識が変わる可能性がありますよね。

息子が就職・就活しない!元公務員が公務員をオススメする理由。

例えば僕は元公務員ですが、公務員の給与体系や福利厚生などは素晴らしく、どなたにもお勧めできる仕事です。

もちろん毎日が定時で帰れるというわけではないですが、老後まで安心して生活できる仕事としては、公務員は抜群の安定感だと思います。

そして息子さんも、公務員がどれだけ甘い汁を吸っていたり、一般的な企業に比べてぬるい環境にいるのかということは耳にしたことがあると思います。

そこで、息子さんに公務員になってみてはどうかと勧めてみるのはいかがでしょう。

これまでは「あいつらおいしい思いばっかしやがって」という思いを持っているかもしれませんが、自分がその美味しい側にまわるという発想になってみれば、俄然やる気が出るかもしれません。

しかし、公務員になるためにはある程度の準備が必要です。それは予備校や通信講座を使って公務員試験に合格するということです。

もちろん簡単な試験ではありませんが、予備校や通信講座でしっかり対策すれば十分合格することは可能です。

高校卒業程度や大学卒業程度といった色々なコースがあったり、行政職や警察官といった職種も数多くあるのが公務員の魅力です。

その中には息子さんが興味のある職種も含まれているかもしれません。

そこで気を引くためにも、一度無料で予備校のパンフレットを取り寄せてみてはどうでしょうか。

それぞれの職種についての特徴や、どうすれば公務員になれるのかといった情報があったり、公務員試験の合格者の体験談なども載せられているので、触発される可能性は大いにあります。

そしてその資料を親御さんが読んでみることのメリットもあります。

それは、実際いくらぐらいで予備校に通うことができるのか、どのようなカリキュラムで勉強が進んでいくのか、合格実績はどれくらいあるのかといった、気になる情報が全て網羅されているからです。

子供のことを思う親のやさしさとして、さりげなくで構わないので息子さんの部屋にそっと公務員の予備校のパンフレットを置いてみてはいかがでしょうか。

もし息子さんが公務員になったとすれば、どんな人にでも自慢できる職業ですし、食いっぱぐれることはまずありえないので安心して老後を迎えることもできます。さらに人気の職業なので結婚したいと近寄ってくる女性も多くなるでしょう。

いろいろなメリットがあるのが公務員ですので、一度検討してみるのをおすすめします。

もちろん資料はどの予備校も無料で取り寄せることができるので、安心して資料を取り寄せてみてください。

息子さんの就職が失敗してしまって、親子共にとても落ち込んでいるということがあるかもしれません。

息子はあんなに頑張って就職活動してきたのに就職に失敗してしまうなんて、なんてふざけた会社だ!と憤りたくなってしまうことでしょう。

実際、就職先が見つからない状態であれば別の会社を探さなくてはいけません。

しかし、就職に失敗してしまったことは 考え方を転換してみてチャンスだと思ってみてはいかがでしょうか。

息子が就職に失敗してショック!それなら公務員を目指してみては?

それは、公務員になることを意識する時間を与えられたと考えてみるということです。

息子さんが一般の企業を目指して就職活動をしていたのであれば、誰もが憧れて老後まで安心して生活できてさらに結婚したい職業ナンバーワンの公務員を目指してみるのも一つだと思うのです。

僕は元公務員ですが、公務員は福利厚生もしっかりしていて給料も毎年しっかり上がりますし 、ボーナスも年間4ヶ月以上もらえていました。

ちなみに僕が公務員を辞めた理由は他にやりたいことが見つかったからです。公務員の待遇は今でも良かったなと振り返ることが多いですね。

公務員になるためには公務員試験に合格する必要があります。もしかすると勉強が苦手で公務員試験を諦めてしまったなんて人もいるかもしれませんね。

しかし、予備校や通信講座を使って勉強すれば、勉強が苦手な人でも合格することは十分可能です。

さらに「就職に失敗してしまって何が何でも就職しないと!」と意気込みがあれば現役大学生などの受験生のやる気には決して負けません。

つまり集中力が維持されるので、合格できる可能性はかなり高まります。

このように公務員試験を受けるための環境が意図せずして整ってしまったと考えてしまえば、悲観的になることもないのではないでしょうか。

例え一般企業などに就職できなかったとしても、最終的に公務員になってさえしまえは人生の逆転は可能です。

手前味噌な話になりますが、息子が公務員になったという話を母がご近所さんに言えば、100%の確率で「すごいわね~」「いいわね~羨ましいわあ」と言われていたようですよ。

そのくらい公務員は時間をかけて勉強をして臨む価値があります。

今回は息子さんが就職に失敗してしまったかもしれませんが、 他のすべての時間を公務員試験に当てることができる環境が整っていると考えることもできるわけです。

いきなり息子さんにこの話を振っても取り合ってくれないかもしれませんので、一度親御さんが予備校や通信講座の資料を取り寄せておいて、そのパンフレットを一緒に見ながら夢を設定してみるのがいいと思います。

もちろん資料はどの予備校も無料で取り寄せることができるので、安心して資料を取り寄せてみてください。

 

子供(息子・娘)さんの就職が決まらないと悩んでいる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

息子や娘があれだけ頑張って就職活動していたのに面接で全て落とされてしまう。そんな理不尽なことがあっていいものか!と怒りたくなる気持ちも分かります。

しかしそれは、子供さんにとってチャンスだと考えてはいかがでしょうか。

どういうことかと言うと、勝ち組の職業である公務員になるための時間が与えられたと考えてみるということです。

子供(息子・娘)の就職が決まらない!それなら公務員になれば?

いきなり突拍子も無い事をお話ししているかと思いかもしれませんが、僕は元公務員です。

元とついているのは公務員をしている時に他にやりたい仕事が見つかってしまったので周りにはバカだなと言われつつ退職しました(笑)

要は公務員はそれほど途中で退職することがもったいないほど人気の職業で、将来まで安泰だということです。

そして親御さんをはじめ息子さんや娘さんに、そんな公務員を目指してみてはいかがでしょうかと提案したいわけです。

もちろん公務員になるためには公務員試験という試験をに合格しなければいけませんが、これがチャンスだと考えることができます。

どういうことかと言うと、 一般企業であれば面接しか採用を判断する部分がありませんが、公務員なら公務員試験という筆記試験の部分がウエイトを多く占めています。

つまり、勉強しておけばおくほど合格点に近づき、面接の出来が良くなかったとしても筆記さえよければ合格することは十分可能だということです。

実際僕は公務員試験が人生初めての就職試験で、さらに対人での面接練習を一度もしたことがなかったにも関わらず、公務員試験に合格することができ無事県庁の職員として働いていました。

これは、面接だけで全てが決まるわけではなく、筆記試験でそれなりに点数が取れていたからなのではないかと思いまでは思っています。

このように、普通なら筆記試験は面倒だと思われがちですが、面接だけで決まる試験ではないというのが逆にチャンスになるということです。

就職が決まらないので悩んでいるのであれば、いっそ公務員試験に向けて勉強を始めてはいかがでしょうか。

ただ、いきなりこのような話をされても面食らってしまうかもしれませんので、まずは予備校のパンフレットを読んでみることをおすすめします。

家の近くに公務員試験の予備校の大原などがあればそれを取ってきてもいいですし、面倒であれば以下で紹介する公式サイトから無料でパンフレットを取り寄せてみてもいいと思います。

ただおすすめなのは、複数の予備校や通信講座のパンフレットを取り寄せてそれぞれ比較してみることです。

予備校によって受講費用が大きく変わりますし、カリキュラムも違いがあります。

まずは親御さんがパンフレットを見て、公務員試験がどんなものかというのをざっくりと把握しておいて、タイミングをみて子供さんに公務員になることを提案してみるといいでしょう。

もし息子さんが公務員になれば、女性からは引く手数多なので結婚には困りませんし、自治体によっては年収1,000万円も夢ではありません。

娘さんが公務員になれば、公務員は育児休業などの福利厚生が民間企業よりも手厚く民間では1年しか育児休業が取れないのに比べて公務員は最大で3年間育休を取得することができます。

そして育休復帰することも公務員の世界では常識なので一生お仕事を続けることが可能です。

このように息子さん娘さんともに公務員になることのメリットはとても大きいです。

もし就職が決まらないということで悩んでいるのであれば、それをチャンスだと捉えて公務員を目指してみるのもありだと思います。

そしてまずはその一歩として資料請求して、パンフレットを取り寄せてみるところから始めてみましょう。決めるのはそのパンフレットを読んでからでも遅くはありませんから。

もちろん資料はどの予備校も無料で取り寄せることができるので、安心して資料を取り寄せてみてください。

おすすめする予備校、通信講座については以下に詳しくまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

>元県職員が選ぶ、公務員試験のオススメ予備校5選!特徴、料金、口コミまとめました

>元県職員が選ぶ、公務員試験のオススメ通信講座5選!特徴、料金、口コミまとめました

独学だと総額いくらかかるのか気になる方は、こちらの記事が参考になるはずです。

>公務員試験の参考書代はいくらかかる?独学合格の筆者が計算した!

子供には公務員になって欲しいと思っている親御さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

僕は、とある県庁の公務員(行政職)として6年間勤務した経験があります。

僕は他にやりたい仕事が見つかったので公務員を退職しましたが、公務員という職業は、いろいろな面で本当に恵まれていると今でも思います。

→ 公務員のメリットはこちらの記事へどうぞ。

豚コレラっていったいどんな病気なの?
公務員のメリットとデメリット12項目!元公務員が徹底解説するぞ公務員は、子どもの人気職業ランキングの上位に食い込んでくるような人気の高い職業です。 人気が高くなるのは、公務員に魅力的なメリット...

子供に公務員になってもらいたい親御さんにおすすめの方法

ただ、親が子供に公務員になって欲しいと思っていても、そのことを口で言うだけでは子供は聞く耳をもたなかったり、公務員になったとしてもどんな生活が送れるのか思い描けないことが多いと思います。

その結果、公務員になって欲しいと思っているのは親だけなんてこともあるでしょう。

しかし、そっけない態度をとっていても子供もバカではありません。世の中で公務員の暮らしがどれだけいいのかということを耳にしたことがあるのは一度や二度ではないはずです。

そのため、最近の子供の中ではなりたい職業ランキングで公務員になりたいと答えることもが多く、上位にランクインするほど人気の職業です。

そのため、もし子供に公務員になって欲しいと思っているのであれば、子供が公務員を意識するきっかけを与えてあげましょう。

たとえば、手前味噌ではありますが今ご覧になっている公務員ブログを紹介しつつ、公務員試験の合格のために必要な予備校のパンフレットをさりげなく手渡すことです。

もちろんこのブログでなくても、もっと参考になると思われる公務員関係のブログをご紹介いただいても全く問題ありません。

公務員試験の対策は、予備校や通信講座で勉強するのが一般的

公務員になるためには普通の企業のようにただ面接をすれば良いだけではありません。

公務員試験というちょっと面倒な試験をくぐり抜ける必要があります。そして、その試験に合格するためには予備校に通ったり通信講座を使って勉強するのが一般的です。

なぜなら公務員試験の勉強範囲はかなり広く、例えば国家公務員試験や県庁、大きな市役所など場合、センター試験並みの勉強量が求められることになります。

そのため、自分一人で勉強する癖がついている人でない限り独学で合格する可能性はかなり低いと言えるでしょう。

そして予備校に通えば同じ夢を持つライバルに刺激されて、自分も頑張ろうというやる気をみなぎらせることができるというメリットがあります。

もちろんプロの講師陣が多数在籍しているため、分からないところはすぐに解決できるというのも予備校のメリットです。

役場や中規模な市役所などであればセンター試験ほどの難易度はないため、たとえお子さんが勉強が苦手だったとしても、予備校や通信講座をうまく使えば合格することは十分可能です。

このように予備校に通うのはごく一般的でほとんどの公務員が予備校に通って就職していると考えてもらって間違いありません。

そして今回お子さんに興味を持ってもらうためには、まずはブログなどハードルが低い情報に触れてもらうようにしつつ、すぐに手元でページを開くことができる予備校の資料を準備しておくというのがおすすめです。

なぜなら「このページを見ておいてね」と、ブログのURLを渡したとしても子供は面倒くさがって見ない可能性がありますが、冊子であれば気になって開いてくれる可能性はかなり高いでしょう。

そして、予備校の資料を見てみることは親御さんにもメリットがあります。

たとえば、実際どのくらい費用がかかるかと言ったことや、どんなカリキュラムが組まれているか、どれだけ合格者を輩出しているかといった情報はとても気になる情報のはずです。

後学のために資料を取り寄せておいて損はありません。

もちろんこの資料はどの予備校も無料で取り寄せることができるので、安心して資料を取り寄せてみてください。

おすすめする予備校、通信講座については以下に詳しくまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

>元県職員が選ぶ、公務員試験のオススメ予備校5選!特徴、料金、口コミまとめました

>元県職員が選ぶ、公務員試験のオススメ通信講座5選!特徴、料金、口コミまとめました

独学だと総額いくらかかるのか気になる方は、こちらの記事が参考になるはずです。

>公務員試験の参考書代はいくらかかる?独学合格の筆者が計算した!

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで販売しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』
完全放置で安定収入を得られる投資方法を紹介!
完全放置でOKで、毎日利益が入ってきます。 管理人のにゃもも実践していて、実績も公開中!

⇒ 完全放置で年利100%の投資方法はこちら