公務員 仕事

公務員と民間の違い。願えば希望する仕事や人間関係はできあがる

民間は担当者に任せて責任感を育てる環境にあります。

そのプロジェクトは◯◯に任せた。といった具合に。だから成長スピードが早い。

一方で、公務員はその逆です。公務員はみんなで守りながら。任せてくれない。それは、一言が命取りになる世界だから。

県民、外部の人間にポロッともらしたその言葉が訴訟やとんでもない問題になりうる世界だからです。

慎重に慎重を重ねる業界だと感じます。

これは国民全体、主にマスコミの印象操作で公務員が悪だという認識が植えつけられていて、常に監視の目があるという意識のもと仕事をしているからではないでしょうか。

公平性を守るのは大事で不正は悪。それは事実です。

しかし行き過ぎた監視は、長い目で見たときに結局国民、県民一人ひとりが受けるサービスの低下というかたちで帰ってくると思っています。

それがいいところもあるけど、成長が遅いのはデメリットです。僕はもっと成長したかったです。

でもそれも転職したいと思ってからのこと。それまでは、楽に生きれればいいと思っていました。

しかし転職したいと思ってからは、自分にはビジネスマンとして生きる能力が足りていないと思うようになりました。

そのときは焦りばかりでしたが、次第に成長するチャンスがやってきたのです。

何かをしたいと思った時、すぐには叶わないからほしくなります。願うようになります。

そして不思議なもので、願って行動していれば欲しいものは向こうから近づいてくるものなのです。

引き寄せの法則という言葉がありますが、けっこうあたってる気がします。

役職的にはすぐには上がられないけど、異動で部署が変わって仕事の中身が変わったり、望む能力を持った人が近くにいて、勉強させてもらうことができました。

このように自分から希望すれば、より大きな仕事を任せてもらえるようになります。

前向きな姿勢はしっかり評価してくれますよ。

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで公開しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』