公務員試験

公務員試験対策

公務員試験対策では、教養、専門、面接など、それぞれ別々の対策をしなくてはいけません。

その対策方法について、解説していきます。

また、公務員試験対策でおすすめの参考書についても紹介します。

公務員試験対策の方法 教養

まず、教養試験についてですが、配点の高い科目を中心的に勉強するといいと思います。

人によっては捨て科目を作り、一切勉強しないという方もいます。

教養試験は6~7割の得点が合格のボーダーラインといわれています。

重点的に勉強するためには、その科目をスケジュールの前半に入れて、しっかりと勉強することが重要です。

極端な話、6割とれても満点でも合格は合格です。

自分の得意不得意を見極める事も大切ですよ。

公務員試験対策の方法 専門

次に専門科目です。

専門科目はなりたい職種によって科目が違います。

たとえば行政の管理栄養士の場合、管理栄養士になりたい方は国家試験の対策をしていれば十分と言われています。

公務員試験での専門科目は、国家試験より難しくありません。

そのため、勉強のウエイトは教養試験においた方がいいでしょう。

ちなみに公安系の職種に就きたい方は専門科目はありません。(自衛隊幹部などある場合もある)とにかく筆記科目においては教養科目の基礎、過去問を何回も繰り返すことが重要です。過去問を制する者は受験を制する。そんな言葉をたくさん言われてきました。

公務員試験対策の方法 面接試験

面接対策は想定質問を網羅することです。

公務員試験の面接では、大抵質問リストが作成されているため答えに困るような質問をされるのは稀です。

また、聞かれる内容にはパターンがあるため、パターンさえ押さえてしまえばまず頭が真っ白になったりすることはありません。

それでも面接が苦手で不安だと言う人は、模擬面接をたくさんすることが重要です。

「公務員になったらどんな事業がやりたいか」「やりたい事業はどうして民間ではできないのか」 といったことまで加味して回答を作成すると良いでしょう。

「民間企業には無くて公務員には有るもの」を探すといいかもしれません。

そしてもう一つ重要なことは自分の長所、短所を知ることです。これは公務員試験の面接に限らず、様々な就職面接で聞かれることなので準備しておくといいと思います。

面接は色んな先生に練習相手になってもらう事で色んな質問の勉強ができます。やればやるほど上手くなるので回数を重ねることをお勧めします。

公務員試験対策講座とは

公務員試験対策講座には通信や予備校等様々あります。

たとえば大学の授業として公務員試験対策講座があったりもします。実際に教えている先生は予備校の先生なことが多いですね。

予備校に通わなくても大学に来てくれる為、移動時間の短縮になるメリットがあります。

予備校については校舎によってそれぞれ講師が異なることや、通いやすさなどが立地に左右されるので、大まかな特徴だけで各社の良し悪しを比較するのは困難である点に注意が必要です。

予備校がおすすめの人、通信講座がおすすめの人、それぞれ自分に合った勉強ができるほうがいいでしょう。

ネットでの情報収集のほか、先輩や先生の意見を聞くのもおすすめです。

公務員試験対策におすすめの本

公務員試験対策におすすめの本は、解説が充実した過去問題集です。

地方公務員試験の教養試験対策としておすすめの勉強法は、過去問題集を徹底的にやりこむこと。

そのため試験まで時間がない場合も余裕がある場合も、複数年分の過去問が収録されているものがあると安心です。

ただし問題数だけが多くても、解説が不十分だと、不正解の問題が身につきません。

なぜその解答になるのかを理解できるように、複数年分の過去問が、充実した解説とともに収録されているものを選ぶといいですよ。

勉強をする過程で、自分の苦手分野がわかったときには、細分化された分野ごとの参考書や問題集を用意するといいと思います。

一つの分野に絞った参考書や問題集であれば、その科目が苦手な人が参考になるアドバイスが掲載されています。

具体的に名前をあげると、

①ウォーク問

LECが出している参考書

②クイックマスター

ウォーク問の別名。クイマスと略されたりします。

③ブイ問

TACが出している参考書

④スーパー過去問

実務教育出版が出している参考書。通称スー過去。

⑤丸ごとパスワード

実務教育出版が出している用語集。通称丸パス。

などがあります。

使い方として色んな参考書に手を出さず、同じ参考書を3回以上やる、誤答の解説を理解することが大切です。

また科目によっても解き方のポイントがあり数的処理はノウハウ定着を意識して問題を解く。

人文科学・社会科学は1回目は1問毎に解説を読む、2回目以降はテーマ毎にまとめて解説を読む。

自然科学は、1回目からテーマ毎にまとめて解説を読む、文章理解は選択肢で概要を理解し、解く。問題パターンを覚える。などです。

本ではないですが、予備校は動画講義を用意しているのでそれをスマホで見て、隙間時間で勉強するのもおすすめです。

目的別リンク集