公務員試験

公務員試験の服装

公務員試験を受験するにあたって、服装は気になる問題だと思います。

僕も実際、公務員試験を受けるときには、試験結果に不利にならないような服装で行かないと!

と思っていました。

ここでは、公務員試験の一次試験、二次試験で着ていく服装について解説します。

そして、こうした服装についてもしっかり指導してくれるのが予備校です。

大学などの就職対策室を利用してもいいですが、公務員試験用の面接対策をしてくれる予備校に入っていたほうが何かと有利ですよ。

公務員試験の対策をしっかりできるおすすめの予備校はこちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

公務員試験のおすすめ予備校 と、悩んでいる方も多いと思います。 公務員になるためには、公務員採用試験を合格しなくてはいけません。 そのた...

公務員試験 服装

体温調節ができる服装で男女ともに清潔感のある服装で挑むようにしましょう。

まずざっくり解説すると、以下のとおりです。

公務員試験 服装 面接

面接試験ではリクルートスーツが必須です。

自分のサイズにあったスーツを着用し、普段からこまめに手入れするようにしましょう。

シワなどが入っていないかチェック。

そして、肩にフケなどが落ちていると最悪です。きれいにしておきましょう。

ペットの毛やホコリなども目立ちますよ。

豆知識ですが、蛍光灯の下ではなく日光が当たる明るいところに持っていくと、ホコリ類はよく分かります。

コロコロが便利。

 

公務員試験 服装 筆記試験

筆記試験は学力や知識を求めるので服装の指定がありません。私服でも参加できます。

筆記試験では私服が多くリクルートスーツだと目立つぐらいです。

試験日の天候や会場の空調、長時間座ることが多いので暑いと感じたり寒いと感じたり、人によってさまざまなので必ず体温調節できる服装にしましょう。

いくら私服で参加できても茶髪は避けましょう。茶髪の場合は黒髪に戻しておきましょう

公務員試験の試験監督は、あなたが受験する自治体の職員だったりします。

僕も休日出勤で、公務員試験の試験監督をしましたね。

一次試験だからといって油断しないようにしましょう。

あまりに行動がおかしい人がいれば、チェックされるかもしれません。

公務員試験 服装 警察 消防

公務員の種類や試験によっては、一次試験でもスーツを着るのが一般的な場合もあるので注意しましょう。

特に警察、自衛官、消防はスーツで受ける人が多いですね。

スーツか私服かどちらがいいが分からない場合は、知り合いの先輩がいれば聞いてみるのもいいですし、直接人事に問い合わせてしまってもいいですよ。

とはいえ、スーツでないと落ちるというわけではありませんので、あまり不安になる必要もありませんよ。

公務員試験 服装 高卒

高卒で受験する場合は制服で試験を受けるのが基本です。

靴は派手でなければスニーカーでも大丈夫です。

公務員試験 服装 男性

公務員試験の一次試験の服装の注意点です。

Tシャツ、短パン、ジーンスだとカジュアルすぎるのでその場にふさわしくないと判断されます。

襟付きのシャツとチノパンに革靴といった清潔感のある服装を意識しましょう。

派手の色は避け、落ち着いた色合いを統一しましょう。

汚れやしわはないようにしっかり整えるようにしてください。

公務員試験 服装 女性

カジュアルすぎる服装避け、露出の高い服装はやめましょう。

スカートは短すぎず、チノパンが無難です。

全体的に落ち着いた色合いで白系を中心にまとめると清楚な印象を相手に与えるのでおすすめです。

アクセサリーは落ち着いたデザインにしましょう。

公務員試験 面接 服装

私服での参加は認められません。

面接試験ではリクルートスーツでいくのが正しいです。

いくら受け答えがよくても身だしなみがよくなければ意味ないので、自分の肩幅・裾・袖にあったスーツを着用するようにしましょう。

アクセサリーは時計以外、外しておきましょう。メガネは派手なデザインを避けましょう。爪は短く切っておきましょう。

夏に受ける場合、応募先にクールビズ可と記載されている場合、案内に従っても問題ありません。

公務員試験 面接 服装 男性

スーツの色は黒が主流ですが濃紺のどちらかにしましょう。

柄は無地を選び、2つボタンが基本です。

シャツは白の無地でしわや汚れがないようにして下さい。ネクタイは無地かストライプを選び、色は紺・青は知性と信頼を与え、赤やえんじ色はやる気や情熱を与えます。

シューズは黒の紐靴を合わせるようにして、ワックスで必ず磨いておきましょう。

シャツが肌に付かないようインナーシャツを用意しましょう。

公務員試験 面接 男性 髪型

スーツも大事ですが髪型も重要なポイントです。

目に前髪をかからないようにして、額はできるだけ出しましょう。サイドのもみあげは短く耳を出すようにしましょう。ワックスは使用しすぎず毛先程度に心がけましょう。

ひげ、眉毛、鼻毛はどれもきれいに整えておくのがマナーです。

公務員試験 面接 服装 女性

パンツかスカートで悩むところですが、どちらでも問題ありません。

ただ僕がみたところ、スカートの割合のほうが多いように思いましたね。

公務員試験は夏に行われることが多いので、暑いからスカートのほうが何かと便利ですよ。

 

黒の無地のスーツで白の無地を選び、襟はスッキパーだと全て出しに、レギュラーでは一番上までボタンを留めて襟を出さないのが基本です。

 

スカートはフレアではなくタイトスカートを選びましょう。ブラウスの下は下着が見えないように白のキャミソールを用意しましょう。

スカートは座ったときに膝から5センチ程度下に収まる丈に合わせましょう。ヒールは5センチ未満のパンプスがバランスよく見えます。

 

ストッキングは肌の色に近いベージュ系にしましょう。ボタンは一番下までしめるのが基本です。

 

メイクはナチュラルメイクを心がけノーメイクはやめましょう。

厚塗りにならないよう自分の肌色に近いものを選び、クマやニキビはコンシーラーで隠しましょう。

眉は太すぎず細くなりすぎないよう自然に描きましょう。チークやリップは血色よくみせるようにしましょう。

公務員試験 面接 女性 髪型

髪型はおでこを出し目にかからない長さか横流しにしましょう。

ピンでとめると幼い印象を与えるのでスプレーで固めるときれいにまとまります。

お辞儀をしたとき髪が落ちてこないようにロングヘアーは髪をひとまとめにしてすっきりとした印象を見せるようにし、ミディアムヘアでも同じようにするかショートヘアにしましょう。

髪をまとめるときは黒のヘアゴムでとめるようにしましょう。

 

以上が公務員試験の服装でした。

清潔感を意識し、一般的なリクルートの服装をしていれば問題ありません。

服装で変な印象を与えてマイナス評価を受けないようにすればOKです。

 

目的別リンク集