公務員試験

公務員試験の通信講座の費用・値段が予備校より安いってホント?

公務員試験の通信講座で検索しているあなたは、少しでも学費を浮かせたいと思っているのではないでしょうか。

ネットで検索したり人から聞いた話では予備校に通うよりも通信講座の方が安くなるよというような噂を聞いたことがあるのではないでしょうか。

その話は正解です。

公務員試験では通信講座の方が学費が予備校よりも安くなります。

それではどのくらい安くなるのかということですが、大卒程度の公務員試験行政職で比較した場合、大手のTACの通学講座と、通信講座予備校で有名なクレアールでは、20万円以上安くなります。

大手予備校の中学講座に通うと30万円以上は余裕でしますからね。

20万円以上の差ってかなりでかいと思いませんか?

20万円あったら何が買えるだろうとついつい考えてしまいますよね(笑)

これを見ると公務員試験の通信講座の値段は安いというのは、本当だということを信じていただけたかと思います。

>公務員通信講座を徹底比較!元公務員オススメ講座の料金・口コミ・特徴まとめはこちら

通信講座のほうが予備校より費用が安くなる理由

それでは何でこんなに安くできるのかということを説明したいと思います 。

その理由は通信講座の場合Web講座をうまく活用しているからです。

Web講座のメリットは一度収録してしまえば同じ講義を講師が何度もしなくても良くなるということです。つまり人件費を削減することができるというわけです。

そして通信講座の場合予備校と違って校舎を確保する必要がありません。

ということは賃貸料を支払ったり土地の代金を支払う必要がなくなるというわけですね。

こうしたコストの違いが積み重なって、圧倒的に安い料金を通信講座の場合設定することができるというわけです 。

さらに言うと高ければ何でもいいというわけではありません。

通信講座には通信講座のメリットがしっかりとあります。

公務員試験の通信講座のメリット

具体的にはWeb講座であれば何度も何度も見直すことが可能だという事です。

公務員試験の対策は何度も繰り返し勉強して問題を解きしっかりと頭に叩き込むことが合格するためには必要になってきます。

そしてこの反復練習のためには、Web講座がピッタリ当てはまります。

分からないところがあれば、ストップボタンを押して一時停止させることも出来ますし、戻るボタンを押せば今のちょっと待ってという感じで巻き戻しすることができます。しかも何度もとしても誰も文句をいうことはありません。

しかし予備校の通学講座だとこうはいきませんよね。

分からないところがあったとしても今のちょっと待ってくださいというのを一つの授業で10回も20回も行っていては、周りの生徒もイライラしますし先生だって嫌になっちゃいますよね。

でも、人間誰だってわからないところはあるものですし苦手な所もたくさん出てきます。そんなとき、通信講座であれば誰の目も気にすることなく自分のがしっかり理解できるまで繰り返し学習することができます。

このように通信講座の値段が安いからといって、決して通学講座に劣るというわけではないというわけです。

自分に合った学習方法がどちらかということをしっかり検討して、価格が安いということも頭に入れた上で、通信講座か予備校かを選びましょう。

>おすすめNo.1 クレアールのパンフレット取り寄せはこちら

>おすすめNo.2 東京アカデミーのパンフレット取り寄せはこちら

>おすすめNo.3 大原のパンフレット取り寄せはこちら
>公務員通信講座を徹底比較!元公務員オススメ講座の料金・口コミ・特徴まとめはこちら

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで公開しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』