予備校・通信講座

公務員試験の通信講座と独学ならどっちがおすすめ?

公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら

公務員試験の通信講座と独学ならどっちがおすすめかということについて紹介していきたいと思います。

結論から言うと僕は通信講座の受講をお勧めします。

なぜなら、通信講座は予備校に通うのと遜色ないくらいのクオリティーの授業を受けることが可能だからです。

>公務員通信講座を徹底比較!元公務員オススメ講座の料金・口コミ・特徴まとめはこちら

独学よりも通信講座がおすすめな理由

また、通信講座は独学と違って講師のフォローを受けることができるので、孤独を感じがちで自分に自信を持てなくなってしまう独学に比べて、合格にたどり着きやすいというメリットがあるからです。

詳しくこれらについて解説していきます。まず通信講座が予備校に通うのと変わらないほどの授業を受けることができるということについて説明します。

最近の通信講座はWeb講座というものが充実していて、普段教壇に立っている本物の講師がその授業風景を録画しておき、通学講座と同じような内容の授業を通信講座の人も受けれるようにすると言うシステムがあるからです。

今では一般的になったこのWeb講座ですが、10年から20年前まではこのWeb講座はさほど充実していませんでした。

Web講座はかなり画期的なシステムのため、急速に普及していったという背景があります。

なんといっても、いつでもどこでもスマートフォンで講座を受講できるというのが画期的ですね。

そして分からないところがあればいつでも一時停止することもできますし、巻き戻して何度繰り返し聞いても誰にも文句を言われません。

そしてわざわざ予備校に行く講師が授業をしているのと同じ内容のものを、どこにいたって聞けるというのは時間の短縮にもなりますよね。

このように、直接予備校に通わなくても予備校に通うのと同じくらいの効果が得られるというのが通信講座のメリットです。

これは独学では決して手に入らないメリットだと言えます。

独学のデメリット

独学の場合、完全に自分の力で勉強をしなければいけません。

しかもその場合は、まずは自分でテキストを揃えるところからのスタートです。

はたしてどのテキストが信頼がおけるのか、公務員試験の合格実績があるのか、自分の知識のレベルに合わせてどのテキストを使うのが最も良いのかなどを自分ひとりの力で判断しなくてはいけません。

しかも意外なことに、テキストを自分で揃えると意外と予備校に通うのとそんなに変わらないくらいのテキスト代がかかってしまうという計算結果もあります。

通信講座の場合は特に安価に受講することが可能なので、ヘタをすると通信講座を選んでおいたほうがトータル費用が安くなったなんてこともよくある話です。

そして独学のデメリットは、自分で用意したテキストを信じられなくなって、次々と新しいテキストをや参考書を買いたくなってしまうという罠があることです。

あなたも一度くらい経験したことがありませんか?高校や大学の受験の時、「今使っているテキストだけで合格することはできるのかな…?」と思ったことは一度や二度ではないはずです。

このように思ったことがある人は独学には向いていません。

なぜなら、公務員試験の合格のためには一つの参考書を徹底的にやり抜いて、解けない問題を減らしていく方が合格への近道だからです。

その点通信講座であれば、 最初から参考書やテキストがばっちり用意されています。あとはそれを信じて、最後までやり抜けばいいだけです。

自分が選んだのではなくてプロが準備した参考書やテキストというだけあって信頼できるのがかなりのメリットと言えますね。

以上のことから、独学をするぐらいなら、僕は通信講座を選ばない理由はないと思います。

>公務員通信講座を徹底比較!元公務員オススメ講座の料金・口コミ・特徴まとめはこちら

公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら