不動産投資

不動産投資 いくらからできる?

公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら

最近資産運用という言葉が静かなブームとなっています。株式や為替、債券、果ては仮想通貨など様々なものが対象となっているのです。

そんな中、以前から根強い人気がある投資が不動産投資になります。

今回、この不動産投資について、実際に不動産投資はいくらから出来るか、不動産価格の目安、そして不動産投資ローンと言った気になる話題についてお話していきます。

これを読めばきっと、気になる不動産投資の疑問について解決の糸口となることは確実です。不動産投資の勉強を始めるなら、無料の資料請求や無料セミナーに参加したりすることから始めるのがおすすめです。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

公務員の財テク!初心者が不動産投資の勉強を始める方法とは。
公務員が不動産投資で不労所得を得る方法!初心者向けの勉強法仕事をしていて、 なんていう営業の電話を取ったことがある方もいるのではないでしょうか。 僕も何度もあります。 ...

不動産投資はいくらからできる?

不動産投資はいくらからできるという話題ですが、一つの目安として80万円程度からというものがあります。

もちろんこれよりも安くできる場合がありますが、現実的な数字としてこの80万円というのが最低金額です。

ちなみにこれは、不動産を取得して完全に自分のものにするということではなく、取得するための手数料になります。

これは取得にかかる費用である管理等清算書費用や登記費用、そして銀行融資諸費用と言ったものの合算がその程度というのがその理由になります。

管理等清算書費用は約14~15万円程度かかるもので、これはオーナーが変わる際の経費などのことを指します。

登記費用は約20~25万円です。

この手続きは端的に言えば法律上の所有者や権利を明らかにすることで、きちんと手続きを踏むことで正式にオーナーとして認めてもらうことやこの不動産のためのローンを組むための根拠とするための手続き費用になります。

最後が銀行融資諸費用で、これは40万円程度で意識しておく必要があるのです。

これは不動産を取得する際にローンを組むためにかかる融資手数料や保証料と言った銀行に支払うお金になります。

これが用意できないと融資が難しくなることも少なくありません。

これら3つの合算が80万円という金額になります。

不動産価格の目安

不動産価格の目安ですが、首都圏、地方のそれぞれの新築、中古について紹介していきます。

まず首都圏からで、新築は平均価格は約2600万円となっており、中古の場合は約1200万円程度です。

ただ、これらは一般的に平均価格を示すものなので、これよりも安い物件は多くあります。

すぐに店子がつきそうなものや投資をしてリターンが期待できそうなものがこの程度の金額になるというものです。

ちなみに東京都下になると中古でも1000万円程度で期待できる物件が取得できます。

地方は新築のワンルームであれば約2,000万円から購入できますし、中古は600万円程度でも手に入れられ、さらにもっと安い物件も多くあるのです。

価格だけ見ればとても魅力的なのですが、地方は確実に衰退しており、県庁所在地のターミナル駅に近い物件以外は、リスクが高いものも少なくありません。

そのため、価格だけに惑わされないことも大切なポイントと言えます。

確かに新築で数百万円以上首都圏よりも安く入手できるのは魅力ですが、地方の場合店子が入りにくいリスクや駅が近くとも本数が少なすぎて交通機関として機能していないものもあるため、ある程度の知識や経験がないと安易に購入するのは危険です。

不動産投資ローンについて

不動産投資をするにあたって購入するための資金が必要です。

そんな資金も不動産投資ローンという専用のローンが用意されています。

このローンはマンション経営(不動産投資)のために組めるローンのことで、手続きは住宅ローンと若干異なる流れです。

この流れは、購入契約時に、販売会社の担当者と重要事項説明書と呼ばれる書類を確認し、契約を行います。

そして、銀行で銀行員と3人で面談、説明という流れでローンの契約が結ばれるという流れです。

いきなり銀行へ行ってローンの審査というわけではなく、不動産販売会社とのやり取りがあってから行うという形になります。

このローンにはメリットがあり、購入した不動産から発生した収益をそのままローン返済に充てることができるため本人の収入以外にローンが通りやすいというものや団体信用生命保険に加入できるというものがあります。

この団体生命保険とは、万が一の事故で死亡したり高度障害を負ったりした場合でも、ローンが完済扱いとなるもので、自分が何かしらのトラブルに遭って不動産投資ローンが払えなくなっても安心できるというメリットです。

このふたつのメリットがあるため、もし不動産投資を考えている場合は専用の不動産投資ローンを利用するのがオススメと言えます。不動産投資の勉強を始めるなら、無料の資料請求や無料セミナーに参加したりすることから始めるのがおすすめです。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

公務員の財テク!初心者が不動産投資の勉強を始める方法とは。
公務員が不動産投資で不労所得を得る方法!初心者向けの勉強法仕事をしていて、 なんていう営業の電話を取ったことがある方もいるのではないでしょうか。 僕も何度もあります。 ...
公務員の人にとっては、さらに収入をアップさせる投資方法を紹介!
公務員でない人にとっても、公務員のような安定収入を増やせるチャンス!

完全放置でOKで、3年間で12万→90万を目指せます。
管理人のにゃもも実践しています。

⇒ 楽にお金を増やす方法はこちら