公務員試験

社会人は公務員試験の予備校はいつから通えばいい?

社会人の方で公務員になりたいと思っている人で、いつから勉強を始めればいいのか、いつから予備校に通えばいいのか悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

この記事ではそんな疑問を持つ方に回答を示していきたいと思います。

まずいつから勉強始めればいいのかということですが、僕は目安として1年以上前から勉強スタートすることをお勧めしています。

特に社会人ということであれば、時間を確保することが難しいという問題があるでしょう。

そんな社会人にとって、少しずつでも勉強を続けていくことが公務員試験合格のためのポイントとなります。

1日1時間や2時間だけでもいいので、それを毎日コツコツ続けていくことで確実に合格に近づくことができます。

「公務員の社会人採用の難易度&民間経験者が試験に合格する方法」の記事はこちら

公務員になりたい
公務員の社会人採用の難易度!民間経験者が試験に合格する方法は? 社会人で公務員に転職希望の方なら、大手予備校のクレアールで『公務員転職ハンドブック』を無料でもらえます。社会人から転職するなら必...

公務員試験に合格するのに必要な時間

公務員試験に合格するための目安は1,000~1500時間ほど勉強する事だと言われています。

これを1日あたり2時間勉強できるとして500日必要な計算になります 。単純計算で1年以上必要なわけですね。

もちろん休みの日にはまとめて勉強することもできるので単純に500日かかるというわけではありませんし、元々の積み重ねがあり勉強する必要がないような科目も人によってはあるでしょう。

しかし全くと言っていいほど公務員試験に出てくる教科の勉強したことがないという人であれば、1,000時間の勉強時間は見ておいた方がいいと思います。

公務員試験はだいたい夏頃からスタートします。

そのため、だいたい1年半前から勉強をスタートすると考えると、試験を受ける1年前の年の4月くらいから勉強始めればちょうどいいのではないでしょうか。

公務員試験に合格するためには予備校を使ったほうがいい理由

そして公務員試験に合格するためのポイントは予備校に通うことです。しかし普通の通学講座に通うのではありません。

社会人の方はとにかく時間を確保するのが難しいので、通信講座を利用しましょう。

通信講座のいいところは、Web講座といって、普通の予備校に通うのと同じような講義をどこにいても受講することができるというメリットがあることです。

スマートフォンでもパソコンでも見ることができるので、学習効率はとても良いです。

たとえ仕事が遅くなった帰りの電車の中でも勉強する事ができますし、休みの日にはまとめてパソコンの前に座って講義を見ても良いでしょう。

分からないところがあれば繰り返し動画を再生することができますし、それでもわからなければ、質問カードを使って個別に教えて欲しい旨を予備校に伝えれば丁寧に回答してくれるといったサービスも用意されています。

さらに、通信講座のメリットは価格が安いことです。

社会人の方であればある程度のお金の余裕はあると思いますが、それでも安いに越したことはありませんよね。

ちなみに、社会人におすすめな通信講座については、一番おすすめしているのはクレアールです。

通信講座の中でも実績があって、価格も安くで社会人向けのコースが用意されているという点でクレアールが一番充実しています。

さらにクレアールは部数限定で、社会人が公務員に転職するためにどうすればいいのかをまとめたガイドブックを配布しています。

>クレアールのパンフレット取り寄せはこちら

このガイドブックを手に入れる方法はクレアールの公式ページから資料請求することで手に入れることができます。もちろん無料ですので安心して手に入れてください。。

こちらの資料にも、いつから勉強始めればいいのかといった情報が丁寧に書かれているので、漠然と公務員試験について考えている人であっても、とっかかりとして読み始めるにはちょうどいいガイドブックだと思いますよ。

資料請求のしかたは簡単です。

住所氏名等を書いて、ほしいパンフレットにチェックを入れればOKです。

1分でできるので、ぜひやってみてください。

>クレアールのパンフレット取り寄せはこちら

公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで公開しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』