公務員 転職

プログラマー(ITエンジニア)に転職するメリットとおすすめの転職方法

ここでは、今の仕事を辞めたいと考えていて、プログラミングを使った仕事(ITエンジニア)に興味がある人向けに、転職するメリットとおすすめの転職方法について解説します。

3タイプのITエンジニアの種類

職員は成長できるチャンス

まず、プログラミング技術を使った業種について簡単に説明します。

プログラミングを使った職種のことをITエンジニアといいます。

ITエンジニアの種類は大きく3種類あります。

  1. インフラ系
  2. 開発系(業務系)
  3. 開発系(Web系)

インフラ系

インフラ系のエンジニアは、以下のようなものがあります。

・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・サーバーエンジニア

開発系(業務系)

開発系(業務系)のエンジニアは、以下のようなものがあります。

・プログラマー
・SE
・開発エンジニア

開発系(Web系)

開発系(Web系)のエンジニアは、以下のようなものがあります。

・Web系エンジニア
・開発エンジニア
・プログラマー

中でも、「プログラマー」という名前はよく聞きますが、これは②と③の開発系に該当します。

ただ、一般的にプログラマーと呼ばれる職種よりも、インフラ系のほうが職の安定度は高いです。

そのため、特に公務員を目指すような安定志向の人だったり、不景気に強い職種がいいと思っている人におすすめです。

インフラ系ITエンジニアに転職するメリット

④社会的信頼度が高い

インフラエンジニアとは、社会インフラのひとつである「通信インフラ」を支える重要な仕事です。

「5G」や「リモートワーク」などの、なくてはならないインフラは、インフラエンジニアによって作られています。

そのため、社会的な存在意義はかなりのもの。

インフラ系ITエンジニアは、プログラミング未経験者でも就職がしやすいという大きなメリットがあります。

インフラ系ITエンジニアは、人手が全く足りていません。

それは、今この記事を読んでいるあなたもそう感じるかと思いますが、認知度が低いからです。

そのため、インフラ系ITエンジニアとして働く人は少なく、文系大学卒業生だったり、プログラミング未経験者でも選考ハードルはそこまで高くないというわけです。

プログラマーは独立してフリーランスとして働いていく人も多いですが、インフラ系は大手通信インフラ企業などが求人していることもあり、安定した環境でキャリアアップしていくこともできるメリットもあります。

さらに、コロナ禍でプログラマー未経験者のニーズは低くなっていますが、実はインフラ系ITエンジニアは採用ニーズが高いという特徴があります。

そのため、コロナ禍以降でのITエンジニアへの転職をするなら、インフラ系は狙い目です。

ということで、プログラミングを使った職種の中でも、インフラ系ITエンジニアに転職するのがとてもメリットが大きいというわけです。

インフラ系ITエンジニアへのおすすめの転職方法

20代の公務員におすすめの転職エージェントは?

それでは、どのようにしてインフラ系ITエンジニアに転職するのがおすすめなのかを紹介します。

それは、ウズウズカレッジCCNAコースを受講することです。

⇨  ウズウズカレッジCCNAとは?

ウズウズカレッジCCNAは、たったの1ヶ月でCCNAを取得して、インフラエンジニアを目指すことができるスクールです。

CCNAとは?

CCNAとは、インフラエンジニアにとって登竜門的資格です。

ネットワーク機器関連の知識を証明するもので、CCNAを取得することで転職を成功させる可能性を大きくアップさせることができます。

未経験者でも1ヶ月の学習支援を通じてCCNA取得して、その後の就職や転職を目指せます。

ウズウズカレッジCCNAの魅力

クレアール公務員講座(通信講座)の口コミ

ウズウズカレッジCCNAの魅力を解説します。

個別指導だから自分のペースで学習を進めることができる

学校や塾みたいな集団方式だと、学習ペースについていけなかったりすることもあります。

しかしウズウズカレッジでは、個別指導での学習方式のため、各自のペースに合わせた学習支援をしてくれます。

専任の講師がついてくれる

学習内容を教えてくれるのは、CCNAを持っていて、講師自身も学習塾を経営している「教育のプロ講師」です。

専任講師がしっかりと学習をサポートすることで、勉強のつまづきがないようにしてくれます。

さらに分からないことがあれば、回数制限なしで質問も可能です。

資格取得と並行しての就活支援

講師とは別に担当キャリアカウンセラーが付いてくれて、就活も支援してくれます。

キャリア面談、求人紹介、面接対策などをしてくれるので、CCNAの資格取得と並行しつつ、転職・就職サポートをしてくれます。

すべての講座がオンラインで完結

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、教室での対面受講に不安を感じる人も多いです。

そこでウズウズカレッジCCNAでは、全ての講座受講がオンラインで完結できるように準備してくれています。

そのため、どこに住んでいても公平に受講できますし、移動時間にムダな時間を使わなくてもいいのでありがたいです。

カリキュラムの詳細や、料金表などは詳しくは公式サイトを見てもらえると分かります。

また、ウズウズカレッジでは無料の個別説明会を開催してくれているので、気になる疑問はすべてぶつけて解消できますよ。

たとえば、

インフラエンジニアを目指すかどうか…といったところから悩んでいます

といったような悩みでもOK!丁寧に対応してもらえるので、インフラエンジニアに少しでも興味があるなら、ぜひ質問してみましょう。