公務員 転職

社会人から公務員に転職するための方法!社会人採用と一般採用

社会人から公務員に転職するためにはどうすればいいのか説明します。

まず社会人が公務員になるためには大きく分けて二つのルートがあります。

一つ目は社会人経験枠として公務員試験に合格すること。もう一つは一般的な試験、つまり通常の公務員採用試験を受けることです。

これはあなたの年齢は何歳かによってざっと分けすることができます。

20代の社会人の場合は一般的な通常の公務員試験で合格を目指しましょう。

それとは別に30歳を超えているようであれば、通常の公務員試験を受験可能な年齢制限をオーバーしていることが多いので、この場合は社会人経験枠での合格を目指すことになります。

→ 「社会人のための転職ハンドブック」を無料で手に入れる方法はこちら

社会人が公務員に転職
社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!厳しい就活を乗り越えて就職したはいいけど、思っていた仕事と違ったり、想像以上の激務で将来に不安を持ったりしませんか? そして、そん...

おすすめは通常の公務員試験に合格すること

ちなみにどちらがおすすめかというと、通常の公務員試験で合格することです。

その理由は難易度が全く違うからです。もちろん社会人経験者の採用試験の方が難易度が高いです。

なぜなら、民間企業を経験してきたのに、一般的には「甘い」と言われている公務員になりたいのかという理由を正しく説明できないと採用には至らないからです。

僕が聞いた話では、NHKの職員がNHKを辞めて公務員になろうと試験を受けに来たそうです。

しかしそこで言われたのが「公務員みたいな人間はいらない」と一言、ピシャリと言われてしまったそうです。

あくまでこれは僕が聞いた話なのでこの一言が本当かどうかはわかりませんが、この言葉の意味するところは、社会人経験者は民間で得てきたスキルを公務員の仕事に生かしてほしいということの表れということです。

つまり、ぬるい気持ちで入ってくるなんてもってのほかなのが、社会人経験枠だということです。

そして、この社会人経験枠はそもそも募集人数自体が少ないので、さらに合格難易度は上がるというわけです。

公務員試験の合格する方法

それではどのようにして公務員試験に合格するのか説明します。

20代の公務員志望者はどうするのかと言うと、素直に予備校に通っておきましょう。

既に社会人として経験があるのであれば金銭的な余裕は大学生に比べてあるはずです。

であれば、20万円から30万円という学費がかかるかもしれませんが、今あなたのいる民間企業の状況に比べ公務員の恵まれた福利厚生やボーナスが確実に支給されるという夢のような世界が手に入ると思えば安いものです。

30歳以上の公務員志望者は、できるだけ急いで結果を出さなければいけません。

なぜなら、ただでさえ年齢を重ねているということで、公務員にあるのが遅れれば遅れるほどその後の昇進にも影響しますし、そもそも採用される可能性も低くなっていきます。

事実、40歳中盤以降の中途採用者を僕は見たことがありません。

年齢がただちに合否に影響を与えるとは言い切れませんが、年齢がかなり上の人間が新しく職場に入ってきて若い人の下につくなんてことを考えると、まるでOBが部下にいるようなもの。

これでは仕事がやりにくくなることは普通に考えれば分かることです。

このように考えると、1日でも早く公務員試験の対策に取り組み、出来る限り早く転職を達成した方がいいというわけです。

そして、30歳以上でも筆記試験は必要なので、素直に予備校を利用したほうが早く結果がでます。

社会人におすすめのハンドブック

最後に、社会人の方が公務員に転職する時におすすめのパンフレットがあるので紹介します。

それはクレアールという大手予備校が発行している、「社会人のための転職ハンドブック」という冊子です。

これはクレアールの公式ホームページから無料の資料請求をすることで、手に入れることができます。

→ クレアール公式サイト

詳しくはこちらの記事でまとめてあるので是非合わせてご覧ください。

→ 「社会人のための転職ハンドブック」を無料で手に入れる方法はこちら

社会人が公務員に転職
社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!厳しい就活を乗り越えて就職したはいいけど、思っていた仕事と違ったり、想像以上の激務で将来に不安を持ったりしませんか? そして、そん...
完全放置で安定収入を得られる投資方法を紹介!
完全放置でOKで、毎日利益が入ってきます。 管理人のにゃもも実践していて、実績も公開中!

⇒ 完全放置で年利100%の投資方法はこちら