公務員 面接

公務員試験の面接

公務員試験は主に筆記の1次試験と、面接での人物試験となるいわゆる面接の2次試験から成っています。

近年は公務員試験での面接はとても重要視されていて、試験の種類によっては面接の配点比重が高い物もあります。

公務員になるためには学力勝負の筆記試験だけでな、く人物評価との総合的な能力が必要です。

そのため、面接は1次試験を通過した後の最後の難関となるわけです。

公務員試験を受けるにあたっては必ず実施されるものですから、筆記試験同様しっかりと対策を立てて挑む必要があります。

公務員試験の面接

公務員試験の面接には「個別面接」「集団面接」「集団討論」があり、この3つのタイプが多く実施されています。

最近はグループワークやプレゼンテーションと言った形を取り入れて人物評価をする方法も増えてきています。

個別面接

個別面接は受験者1人に対して面接官3~4人で行われ、面接時間は一般的に15分~20分となっています。

事前に提出したエントリーシートや面接カードを元に質問が行われますので、エントリーシートの記入をする時点から面接で聞かれることを前提として記入するよう意識しておく必要があります。

集団面接

集団面接の場合は受験者3~8人に対して面接官3~4人で行われます。

質問の答え方は指名制だったり挙手制などいろいろです。

集団となると他の受験者よりも早く挙手をするなど自己PRも必要となってきますので、あらゆる質問に対して素早く反応できるよう対策をしておくことが大切です。

集団討論

集団討論では1グループ5~10人で決められた課題について討論し、意見をまとめて行きます。

集団の中での役割や考え方を観察されるのはもちろん、コミュニケーション能力や協調性の判断をされることになります。

全く存在感がなくなってしまうのも困りますが、かと言って目立ち過ぎもマイナス評価となる場合もあるので注意が必要です。

公務員試験 面接対策

最後の難関である面接を突破するためにも事前の対策がとても重要となります。

公務員試験の面接とは、民間企業の「良い人間を採用しよう」という考え方と異なっており「適当でない人を振るい落とす」ものとなっているので、失敗が致命的になります。

民間企業とはまた違った質問をされる場合も多いので、公務員試験用の面接の対策が必要となります。

最も大切なのは、公務員試験の面接において良く出される王道的な質問から、答えに詰まりそうな質問までいろいろなパターンを想定して頭に入れておくことです。

当然ながら面接には礼儀やマナーが質問以前にチェックされる事となるので、面接時の入退室のしかたや受け答えなどはしっかりと身に付けておくのは大前提です。

そして自分を効果的に最大限アピール出来ているか、質問に対する内容が矛盾なく一貫性をもっているかなども大切なポイントですが、自分一人ではなかなか気付けないマイナスな面が出てくるはずです。

そこを第三者にチェックしてもらうために予備校などで模擬面接を活用する対策が有用です。

人前で話をするのが苦手な人や緊張しやすい人も多いと思いますが、苦手意識を少しでも克服するためにも、模擬面接を回数こなす事をおすすめします。

過去の質問例をしっかり頭に入れ、面接の練習はもちろん、信頼される一貫性を持った自分になれば面接にも繕うことなく堂々と挑戦できると思います。

公務員試験の面接で落ちる人

公務員試験での面接は良い所を加点して採点するのではなく、マイナス面を減点して採点していく方法で行われています。

公務員と言う仕事は業務内容的にもストレスが溜まりやすいことから、精神的に弱い印象を与えてしまうと、退職や休職の心配に繋がり、そうなると人手不足や他の職員への負担が生れるため、ストレスに耐性がなさそうな人は敬遠されます。

体調面で心配があ場合も同様で、現在どんなに健康であるかを理解してもらえない限りは落ちる場合が多くなります。

今までの職歴において、早期退職や転職回数が多い人も落ちやすくなります。

当然、またすぐに辞めてしまうかもしれないと言う心配をするのは当然だからです。

公務員の採用試験や採用後の教育にかかる費用や労力を無駄にする事は税金の無駄遣いとなるので、慎重に判断せざるを得ないからです。

このように採用する事でリスクを感じさせる人が、落ちる人の共通点となっています。

そしてリスク云々の前に、髪型や服装などの身だしなみがきちんと出来ていない人は性格が良くても落ちてしまいますし、姿勢が悪かったり態度、表情も合否の判断材料となります。

笑顔を作れない人や、質問の回答が合っていない人、質問の答えや自己PRがいかにもありきたりなのも落ちる理由になります。

自分の言葉でしっかりと自己アピールが出来なければ、どんな人物なのか判断が出来ませんから当然なことです。

1次の筆記試験を突破したからと言って面接を甘く見るのは危険ですよ。

筆記同様に面接の対策をしっかりと立てていくことが必須となっています。

なるべく沢山の過去の面接例を参考にし、練習を重ね少しでも減点項目を無くしながら本番に挑んでください。

そして晴れて公務員として活躍して行ってもらいたいと思います。

数ある予備校の中でも社会人採用試験で実績があるのがクレアールです。

社会人のフォローやサポートが手厚く、無料の資料請求で「転職するためのガイドブック」を配布しています。

社会人経験者の方はぜひ見てみてください。

社会人から公務員に転職するなら、絶対手に入れるべきハンドブックを紹介!



公務員試験に独学で合格した筆者が、公務員試験に合格するためのノウハウや詳細な体験談をnoteで公開しています!

「勉強期間中はどんな気持ちだったか?試験当日の様子のメンタルは?」など体験者でないと分からないことも細かに書いています。

僕の公務員試験受験を追体験することで心構えができ、試験に有利に取り組むことができますよ。

⇒  note『公務員試験に合格する方法』