社会人経験者から公務員になりたい人必見!おすすめの情報収集方法とは 

社会人だけど、公務員に転職したい!
でもどうしたらいいのか分からない…

このように、社会人が公務員を目指すとき、何から手を付けたらいいのかわからなくて困っているのではないでしょうか。

公務員に転職するにはどうすればいい?

公務員になるためには、公務員試験を受ける必要があります。

しかし、公務員試験には様々なルールがあり、自力で調べていくのはとても手間がかかります。

たとえば、受験するには年齢制限があったり、社会人は一般の受験生とは違う枠での受験になったり…

社会人の公務員試験受験は特殊です。

そのため、自分で調べるのはいいことなのですが、もしヌケモレがあったら取り返しのつかないことになってしまいます。

確実な情報収集手段とは?

ですので、まずはしっかりとした公務員試験対策予備校が発行しているパンフレットで、全体像を掴むことが重要です。

書店などでも参考書が売られていますが、これは問題集などが中心となっていて、「社会人が公務員になるにはどうすればいいか」に特化した本はほぼありません。

しかしありがたいことに、公務員試験の通信講座をしている「クレアール」という予備校が、社会人の公務員試験受験に特化したパンフレットである「社会人のための公務員転職ハンドブック」を無料で配布しているのです。

社会人にお得な情報がギッシリ詰まった冊子なので、必ずもらっておきましょう。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

この記事の最後に、お得な情報を掲載してあります。

ですので、ぜひ最後までご覧いただけたらと思います。

社会人の方が公務員になるにはどうすればいいのかを丁寧に解説してくれていて、無料なのに60ページ以上の大ボリュームのパンフレットになっています。

で。

実際取り寄せてみました。

なんと無料にも関わらず、64ページものボリューム!

社会人の方というのは、仕事をしている方以外にも、既卒者や主婦の方、自営業の方も含みます。

公務員になりたい!という方すべてを対象にしています。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

項目はこんなかんじ。

  1. 公務員の仕組み
  2. 公務員への転職ルート
  3. 公務員試験ガイド
  4. 公務員への転職QA
  5. 合格体験記

社会人から公務員になりたい人は、転職ルートやQAあたりが気になるんじゃないでしょうか。

公務員試験の仕組みについての解説ページ。

冊子にはびっしり情報が詰まっていて、とても参考になります!

続いて、公務員への転職ルート。

年齢別にルートを示してくれます。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

20代後半までと、20代後半以降とで、目指すべき方向性が変わってくることが説明されています。

社会人が受験する場合に、年齢制限など気をつけなくてはいけないことを記載してくれています。

こういった情報がないと、そもそも受験を受けることができないといった失敗をしてしまうことも。

そのため、体系立てて攻略法をまとめてあるパンフレットを読むことはとても重要です。

そして、ラクに公務員になる方法についても書いてあります。

ラク=試験科目が少ない といった意味ですね。

教養科目だけで受験できる公務員試験をまとめてくれています。

これはかなり便利ですね~。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

  • 公務員試験の例題集

例題集もついています。

公務員試験に合格するには、これくらいの問題が解けないと合格できない!という感覚を持つためにもありがたいページですね。

自分の実力が足りなさそうだと思ったら、本気の対策が必要だと認識しましょう!

社会人ならではの面接試験や、集団討論などの情報も載っています。

こういった情報は貴重なので、無料でもらえるパンフレットでしっかり押さえておきましょう。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

代表的な自治体の社会人経験者採用試験の情報もまとめてくれています。

札幌のほか、全国の主要都市の情報がありますよ。

社会人経験者の年齢制限についてもまとめてくれています。

これを把握しておけば、「年齢制限に引っかかって受験できなかった」という大きな失敗をしなくてすみます。

地方公務員だけでなく、国家公務員の情報についても掲載されており、抜け目がありません。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

国税の他にもたくさん掲載されていますよ。

そして、気になるQ&Aです。

きっとあなたが不安に思っていることがたくさん質問されているはずです。

そして、その質問に対して社会人経験者採用試験のプロがしっかりと回答してくれています。

そして合格体験記です。

あなたと同じように悩んで、社会人経験者として公務員に就職した人のメッセージがたくさん掲載されています。

これを読めば、きっとあなたの背中を押してくれることでしょう。

このパンフレットに書かれていることをまとめると、

  • いつ頃から対策を始めたらいいのか?
  • 受験資格は?
  • 難易度はどのくらいか?
  • 合格者の体験談は?

といった疑問に対する数々の情報が記載されています。

もう一度いいますが、このパンフレットは無料です。

しかし、無料なだけあって部数限定となっているため、無くなる前に取り寄せだけでもしておくのがいいと思います。

一切お金はかからないので、出遅れて後悔するよりもとりあえず取り寄せておいて、時間のあるときにでも読むのがおすすめです。

クレアールは公務員試験の通信講座を扱っていますが、パンフレットを取り寄せたからといって入校しなくてはいけないわけではありませんので、安心してください。

また、面倒な勧誘もしていないため、

とりあえず公務員試験の全体像を知るために取り寄せよっかな

といった気楽な感じでOKです。

私もさくっと取り寄せできましたしね。

スマホでも講義を見て学習できるWeb通信だったり、通信講座では珍しい担任制を導入して受験生のサポートをしてくれるなど、公務員試験業界では人気の予備校です。

パンフレットには、社会人が公務員になる方法のほか、どんなコースがあるのかも載っていますので、併せて見ておくと参考になると思います。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

⇒ ハンドブックの取り寄せ方法

そして、公務員に転職すると、こんなふうに人生が変わります。

あなたも、公務員に転職して余裕のある人生を送りませんか?

パンフレットの取り寄せ方法は以下で説明します。

パンフレットの取り寄せ方法

パンフレットの取り寄せ方法は簡単です。

まず、以下のリンクから公式サイトを開いてください。

⇒ クレアールの公式サイト

続いて、右側にある「資料請求」をクリックします。

すると、名前や住所などの入力フォームがあるので記入していきます。

直接郵送されてくるので、間違いのないように記入しましょう。

クレアールさんから情報をもらったのですが、最近住所の記載ミスが多く発生しているようです。

せっかくお得なパンフレットがもらえるチャンスなのに、

いつまでたっても届かない!

とならないように、よ~く確認しておきましょうね。

そして、下の方に「ご請求内容」という欄があります。

ここで、「社会人のための公務員転職ハンドブック」にチェックを入れましょう。

そして、最後に確認ボタンを押して送信完了です。

とても簡単で、1~2分もあればできてしまうので、配布部数が無くなってしまう前に取り寄せしておくことをおすすめします。

⇒ 公務員への転職ハンドブックを取り寄せる

読者限定!お得情報

ここまで記事をお読みいただきありがとうございます。

最後までお読みいただいたあなたに、予備校選びで後悔しないための方法をお伝えします。

上記ではクレアールの魅力をお伝えし、資料請求をおすすめしてきました。

しかし、人生を左右しかねない予備校選びはしっかりしたほうがいいのは事実です。

最後はあなた自身がしっかりと比較して、納得のうえで予備校を選んでいただきたいと思っています。

そこで、クレアール以外にも社会人におすすめできる予備校の情報を提供します。

資料請求はクレアールと同様無料なので、なっとくのいくまで比較検討してから、公務員を目指していただけますと幸いです。

おすすめは、東京アカデミー、大原、資格スクール大栄の3つです。

東京アカデミーは、社会人経験者枠の通信講座が用意されており、そのテキストは的中率が高いことで有名です。

大原は誰もが知っている有名予備校なので安心感があり、社会人コースも用意されています。

資格スクール大栄は通学もオンライン学習も選べる自由度が高いのが人気です。

元県庁職員だった私はクレアールをおすすめしますが、最後はご自身の視点で判断していただきたいです。

そのほうが、「ただおすすめされただけ」で始めた勉強とは、やはり見の入り方が違います。

ですので、せっかくクレアールの資料請求をするのですから、社会人講座を用意しているこれらの予備校のパンフレットも併せて取り寄せて、じっくり比較検討していただければと思います。