宅建(宅地建物取引士)を取得するためのおすすめ通信講座を解説!

宅地建物取引士(宅建)は業務で必要になったり、持っていると有利な資格の代表格です。

そんな宅建の資格を取るには、予備校に通うことも考えられますが、仕事をしていると帰れる時間が不定期だったり、そもそも宅建に対応した予備校が近隣に無かったりすることも多いです。

そのため、通信講座は自分が好きな時間に自分のペースで学習ができるのが大きなメリットです。

さらに、予備校に通学するよりもコストが安いのも強みですね。

そこでここでは、そんな宅地建物取引士の資格を取るのにおすすめの通信講座を紹介します。

クレアール

クレアールは、通信講座に特化した資格取得の予備校です。

合格点をひたすら目指すカリキュラムの、「非常識合格法」という勉強法を導入しており、頻出分野を効率よく学習できるようになっています。

そのため、ムダな知識まで勉強する必要がなく、実戦でも使える重要な知識だけをまんべんなく身につけることができるのがメリットです。

クレアールは講義の様子を動画化した教材があり、まるで通学タイプの予備校に通っているのと同じような効果が得られます。

さらに、クレアールは費用もリーズナブルで、59,800円となっています。(通学タイプの予備校は25万円ほどします)

期間限定割引を使えば、4万円代での受講も可能です。(これは公式サイトで確認できます。)

社会人で通学タイプの予備校に通うメリットはさほどないので、クレアールのような通信講座を選ぶのが、お得に合格するためのおすすめの方法です。

クレアールは、資料請求が無料でできて、さらにそのときに講義の様子をおさめたDVDも無料でサンプルとしてもらえます。

パンフレットでざっくりと宅建の全体像を把握 + サンプルDVDで実際の講義の様子をチェック

という美味しいところ二重取りができるので、ひとまず資料請求だけでもしておくといいですよ。

さらにコースによっては合格したらお祝い金をもらえたりします。

そして、期間限定で先着100名に宅建資格取得のための書籍をプレゼントしてくれます。

これらはやはり講義に自信がないとできないことなので、ぜひ書籍をゲットして、実際どのような内容の講義があるのか、パンフレットを資料請求してチェックしてみてほしいと思います。

アガルート

アガルートという通信講座もあります。

こちらも動画教材とテキストを用意していて、オンラインでの学習もスムーズにできます。

面白い取り組みとして、合格したらお祝い金1万円か、受講料全額返金という制度があります。

ただ、これを適用してもらうには、東京飯田橋まで出向いてインタビューを受けたり(交通費自己負担)しなくてはいけないので、ちょっと面倒なのが難点ですね。

費用スピード合格カリキュラムで税込み43,780円で、まずまずといったところ。

こちらもサンプル講義を受けられるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

両社を比較すると、クレアールのほうがおすすめですね。